ファッション

【20代・30代・40代別】ポロシャツのおすすめメンズブランド

ポロシャツおすすめ
幅広い年齢層で着ることができ、様々なシーンにも対応することできるまさに万能着、それがポロシャツです。

ただ、そんなポロシャツだからこそ、選択を間違えると残念な結果にもなりがちだし、他人にちょっとした差を付けれるオシャレなものを身に着けたいところ。

ということで、この記事では、20~40代の各年代別に、おすすめなメンズブランドを紹介します。

 

ポロシャツのおすすめメンズブランド【20代編】

平日は日々の仕事に追われ、朝も早くから出勤し、就業時間は23時や24時。

ひょっとして日付が変わっても仕事をしているなんて事も少なくないのでは?

だからこそオンとオフの切り替えがとても大事な年代だと私は思います。

 

なので、スーツにワイシャツではない日こそ、こだわりを持った服に身を包みたいですよね。

そんな20代には、カッコいいポロシャツがお勧めです。

 

<第三位>AKM(エイケイエム)

体に沿う美しいシルエットとクオリティの高い服を展開し続ける日本のファッションブランド。

アクセントの効いたかっこよくオシャレなポロシャツを展開しています。

 

<第二位>Abercrombie&Fitch(アバクロンビー&フィッチ)

キャンプや釣り、狩猟用品の専門店として創立したニューヨークのブランド。

シルエットは今時らしいスリムを保ちつつ、夏の海・海岸に似合いそうなポロシャツを展開しています。

 

<第一位>Paul Smith(ポールスミス)

伝統的なブリティッシュデザインと、独創的なテキスタイルの組み合わせで日本でも人気の高い、イギリス生まれのブランド。

こなれたシルエットのスーツや、シンプルで使い心地の良い革小物等も定番人気となっていますが、ポロシャツも同じく、社会人好みのスマートなデザインで、誰が着てもかっこよく見える仕上がりになっています。

シンプルだけど唯一無二でカッコいい!

個人的にはコレがオシャレの原点では?と思ってます。

 

Sponsored Links




ポロシャツのおすすめメンズブランド【30代編】

学生から社会人になって約10年もの時が流れ、色々な失敗をしながらも培ってきた経験から、仕事にも自信がつくようになる30代。

「男は30から」なんていう言葉がある通り、経験豊富な大人としての魅力があふれる時です。

そんな30代には、上品なポロシャツをお勧めします。

 

<第三位>MONCLER(モンクレール)

フランスの小さな村で生まれたブランド。

もともとはテントやシェラフなどを主に扱っていたモンクレール独特のカラーラインアップはポロシャツにも生かされており、おしゃれで品質の高いものが展開されています。

 

<第二位>ルトロワ(Letroyes)

上品&モダンなデザインの服を展開し続けるフランス発のブランド。

良質な素材と丸編み機で作られた細身のポロシャツが展開されています。

 

<第一位>Ralph Lauren(ラルフローレン)

上品なカジュアルスタイルを特徴とするアメリカ生まれのブランド。

ポロシャツとしては、ビッグポニーポロシャツが特に定番の人気を誇っています。

個人的に、どうあってもポールスミスだけは外せません。

こちらも、先ほどのポールスミス同様にシンプルだけどカッコいいブランドですね。

 

Sponsored Links




ポロシャツのおすすめメンズブランド【40代編】

経済的にも精神的にも余裕のある40代には、高級ブランドのポロシャツがお勧めです。

 

<第三位>BURBERRY(バーバリー)

1856年にイギリスで生まれ、王室御用達にまでなった歴史あるブランド。

ちょっと値が張るバーバリーのポロシャツですが、その価格に見合う品質の良さは折り紙付きです。

着心地や機能性にこだわった丁寧なつくりで人気を博しています。

 

<第二位>LACOSTE(ラコステ)

イギリスの伝統競技である「ポロ」で着るユニフォームとして生まれたポロシャツを、テニスプレイヤーのラコステ氏がテニスのプレイ時にも着やすいものをと作り始めたのがラコステの始まり。

世界初のポロシャツメーカーというだけあって、その着心地は抜群です。

また、丈夫なので長く着ることができるのも特徴の一つ。

30代になる直前で購入した私のラコステ、約10年経った今も現役で絶賛活躍中です。

 

<第一位>FRED PERRY(フレッドペリー)

1936年にウィンブルドン3連覇をはじめ、史上初の“グランドスラム”を達成した伝説のテニスプレーヤー、彼の名はフレデリック・ジョン・ペリー。

引退後の1940年、自身の愛称“フレッドペリー”を名入れしたリストバンドを製作したことがきっかけとなり、1952年に設立されたイギリスのブランド。

言わずと知れたポロシャツの王道です。

トレードマークの月桂樹のロゴ、派手さはなくともクラシカルな色使い、こだわりの襟や袖のラインなど、まさに大人に似合うポロシャツが展開されています。

20代の頃、ちょっと背伸びして「お気に入りの1着」として持っていましたが、今思うと、当時の自分ではまだまだ着こなせていませんでした。

ということでアラフォーになった今、改めて新調したいブランドです。

 

Sponsored Links




4.「ポロシャツのメンズブランド」まとめ

メンズのポロシャツブランド
この記事では、私の独断と偏見で、敢えてランキング形式にしましたが、如何だったでしょうか?

順位は付けさせてもらいましたが、それぞれのブランドに独自のこだわりや経緯があり、どれも魅力的です。

 

今の自分にピッタリなポロシャツを見つけるもよし、着たい1着を見つけ、それに似合う自分を作っていくというプロセスもありですね。

 

以上、今回の内容が、少しでも参考になりましたら幸いです。

 

あわせて読みたい
伊達メガネどこで買う
伊達メガネってどこで買う?メンズ/レディース別おしゃれで安いブランド 今やファッションアイテムとして欠かせない伊達メガネ。 その日の気分で手軽に雰囲気を変えたいなら、理想は2~3本違う物を持ってい...