サッカー

ロシアワールドカップ2018決勝トーナメントの日程/放送時間/見どころは?

 

この記事ではFIFAワールドカップ2018ロシア大会の決勝トーナメントの日程や放送時間をまとめています。

現段階で我らが日本代表のグループリーグ突破は決まっていませんが、サッカーはFIFAランクで決まるものではありません。

出場国中、下から数えた方が早いサムライジャパンにも決勝トーナメント進出の可能性は十分にあります。

 

Sponsored Links

 

日本代表が勝ち進めば、大会も大いに盛り上がると思いますが、日本でなくても決勝トーナメントの1発勝負は力もより拮抗してきますし、その面白さはグループリーグの非ではありません。

  • 日本はもちろん!応援する国の次の対戦は?
  • 日本時間で生観戦可能なのか?

などなど、計画的に会社に有給届けを出すために(笑)、是非この記事を参考にしてください!

 

まだグループリーグ突破国は全て決まっていませんが、随時更新して行きます。

 

ロシアワールドカップ2018の決勝トーナメントの日程はいつ?

ロシアW杯の決勝トーナメントの日程およびTV放送時間は以下の通りです。

時間は日本時間になるのでご注意ください。(現地時間は日本時間からマイナス6時間)

またTV放送は生放送を記載してます。ほとんどの試合で翌日にNHK-BS1で録画放送があります。

 

■決勝トーナメント1回戦 (ラウンド16)

① 6月30日 (土) 23時~

フランス(C組1位) vs アルゼンチン(D組2位)

・場所:カザン

・TV放送予定時間:23時~【TBS系列】

<見どころ>
ラウンド16の中でも屈指のカードですね。苦しんだアルゼンチンは前回大会もそうですが、トーナメントに入ってからしぶとさが際立ってきます。対してフランスは世代交代がスムーズに進行中。10数年前に世代交代に失敗し低迷期に入ってしまった経験が生かされてますよね。アルゼンチンの方が日程的に厳しいですが、この劣勢という状況は、どこか前回・ブラジル大会やイタリア大会の時と重なります。延長にもつれ込む大熱戦になる予感です。

② 6月30日 (土) 27時~

ウルグアイ(A組1位) vs ポルトガル(B組2位)

・場所:ソチ

・TV放送予定時間:27時~【NHK総合】

<見どころ>
両国とも自慢のFWが点を取り、壮絶な打ち合いが予想されます。応援も込めて守備力の差でややウルグアイ有利か?余談ですが、ウルグアイ期待の若き司令塔・バルベルデが見たかった…破壊力は数倍になってただろうになぁ~なぜ落選したんだぁ~!

③ 7月1日 (日) 23時~

スペイン(B組1位) vs ロシア(A組2位)

・場所:モスクワ

・TV放送予定時間:23時~【TBS系列】

<見どころ>
開催国の意地を見せて安堵のロシアと日本と同じく直前の監督解任でどこか不安定なスペインの対戦。不安要素を抱えながらポルトガルもいるグループリーグで1位通過してくるところは流石です。ロシアもカペッロを解任して、史上最弱と言われる中、初戦・2戦目と圧倒的な攻撃力を見せたのには驚きました。ただ3戦目のウルグアイ戦では沈黙…それを考慮するとスペインが地力で有利かなるかな?と思います。優勝を目指すスペインにとっては、なるべく消耗しないように90分で決着をつけたいところで、ロシアが地の利を生かしてどこまで食い下がれるか?注目です。

④ 7月1日 (日) 27時~

クロアチア(D組1位) vs デンマーク(C組2位)

・場所:ニジニ・ノヴゴロド

・TV放送予定時間:27時~【テレビ朝日系列】

<見どころ>
両国とも通好みの好チーム。差があるとすれば司令塔の経験の差でしょうか。ということで鍵を握るという意味でも注目はモドリッチ選手エリクセン選手ですね。安定感のモドリッチ選手か、予選のプレーオフでハットトリックを決めるなど爆発すると手が付けられないエリクセン選手。個人的には現レアルよりもトッテナム時代のモドリッチ選手の方が好きなんですが、エリクセン選手はそのモドリッチ選手の後釜としてトッテナムに入った選手。こういう因果関係って追えば追うほど面白いですよね。ということで私は新旧トッテナムの司令塔対決という目線で楽しみたいと思います。

⑤ 7月2日 (月) 23時~

ブラジル(E組1位) vs メキシコ(F組2位)

・場所:サマーラ

・TV放送予定時間:23時~【NHK総合】

<見どころ>
前回のブラジル大会のグループリーグで対戦してますし、この両国とも対戦が多いイメージがあります。そして決まってメキシコが善戦するんですよね。前回大会も0-0の引き分けでした。今回も予選でドイツを破るなど相変わらずのしぶとさを発揮しています。一方でグループリーグのブラジルを見ると、いつもの決定力の高さが感じられません。この辺は立て直してくるでしょうが、メキシコ独特の粘りに期待したいと思います!

⑥ 7月2日 (月) 27時~

ベルギー(G組1位) vs 日本(H組2位)

・場所:ロストフ・ナ・ドヌ

・TV放送予定時間:27時~【NHK総合/NHK-BS1】

<見どころ>
タレント軍団のポテンシャルを3連勝で証明してみせたベルギー。我が日本との対戦は2002年以来。直近の親善試合はまだハリルホジッチ監督で戦術も違ってましたが結果は1-0でベルギーが勝ってます。しかし今大会に入ってチームとして成長してきた日本にもチャンスはあると見ます。ところが…最終戦でワールドカップの歴史に汚点を残してしまった日本。思うに、日本は11対11での勝負では、まともに勝利できないままグループリーグを突破した感があります。「結果が全て」と堂々と他力本願する監督の元、フェアプレーでの予選突破なのにアンフェアな戦いをして、世界中のワールドカップのファンを敵にしてしまいました。結果はともかくそれが事実です。その全てのファンが「日本はベルギーにボコボコにされて欲しい」と願っていると思います。称賛されてたサポーターの試合後のゴミ拾いの努力の積み重ねもリセットされてしまったのではないでしょうか。

ここまで2戦で奇跡的にでも良い流れで来たチーム状態を自ら断ってしまったのが、個人的に残念です。日本のラウンド16進出は確かに嬉しいものの、予選を含め全ての敗退してきたチームや対戦国に対しても礼を逸し愚弄するような戦い方は正直「凄く恥ずかしい」です。ハリルホジッチ監督の解任しかり、こんなんで日本サッカーに明るい未来はあるのか?と思います。

西野采配を称賛する声もあるとは思いますし、選択肢としての意味も十分わかります。でも…日本は単純に勝負することから逃げてしまった…それが全てです。そう…ラウンド16に進むために最善を尽くしたのではなく、結局は逃げたのです。引き分けの状態での時間稼ぎならまだわかります。ここまで2戦で優位に立っていたハズのサムライジャパンを西野監督は結果的にギリギリの状態に追い込んでしまった。皆それがわかってて称賛しているのでしょうか?
あの時点ではコロンビアが1点守り切る保証は何1つ無かったハズですよ?実際にコロンビアの試合の状況を見てたわけではありません。単なる博打です。と言うよりも、西野監督が、ピッチに送り出した自国の選手たちよりも、コロンビアの選手たちの方を信じた…個人的にはその事実が何よりも残念で仕方ありませんでした。そんなに自分の選手達の力を信じられんのか?いや信じ切れなかったのかと…そして「日本はまだまだサッカー後進国」というのを改めて痛感しガックリきました。

また、主力を休ませる選択肢はわかりますが、これも酒井高徳選手の右MFでの起用だけには、違和感しか感じず、最初から引き分け狙いが最優先という西野監督のメッセージ性を感じます。長友選手か酒井宏樹選手と入れ替えるべきではなかったでしょうか?だったら最後まで引き分け狙いに徹して欲しかった。ビハインドになったから、もっと消極策に転じる。

私はそんな負けを受け入れた采配、前の試合で激闘を演じたセネガル代表への敬意を欠きセネガルが負けることを信じて博打に出た采配にはとてもじゃないが称賛する気にはなりませんけどね。それに反発せず、従った選手達は確かに立派だったと思います。でもチームとしては誇りに思えません。FIFAや日本サッカー協会の「最善を尽くす」という理念にも反してますしね。

礼儀を重んじる日本人が誇りなのに、ハリル監督解任といい、今回の消極策といい、ホント日本サッカーはどうしちゃったんでしょうか?決勝トーナメント進出という結果は手にしたかもしれませんが、それ以上のものを失ったと私は感じました。

だって日本サッカーの最終目標がワールドカップ優勝だとして、そんな簡単に負けを受け入れるチームに勝利の女神が微笑むとは思えませんから…。

長年ワールドカップを観てきた1ファンとして、こういう試合は二度と見たくないし、こういう試合をするチームには参加して欲しくないです。例えそれが次世代の日本であってもです!純粋なサッカーファンとしてホントそう思います。まあ今後、今回のフェアプレー数という基準はFIFAランキングに変わって行くらしいので、今回の日本が最後だと思いますが。

この試合を観て改めて痛感しました。「昔のワールドカップの方がもっとワクワク感があったなぁ」と。

スミマセン、つい長々と脱線してしまいましたが、とにかくサムライ魂を失ってしまった日本恐らく試合会場も完全アウェイになることでしょう。どんな状況でも「結果が全て」の戦術を貫くと言うなら…今度こそ日本は勝つしかありませんよね?西野監督!この逆境を覆す力が今の日本にあるのか?注目ですが…恐らくベルギーにアクシデントがない限り、残念ながら自ら招いた悪い流れは変えられない気がします。

⑦ 7月3日 (火) 23時~

スウェーデン(F組1位) vs スイス(E組2位)

・場所:サンクトペテルブルク

・TV放送予定時間:23時~【テレビ朝日系列/NHK-BS1】

<見どころ>
個人的にアメリカ大会から大好きな両国。昔からダーリン選手、ブロリン選手、ラーション選手、イブラヒモビッチ選手などなど前線にタレントを要するスウェーデンですが、今回はフォルスベリ選手くらいと少々小粒な印象。一方スイスは、決勝トーナメント1回戦であっさり負ける印象が…しかし今回のスイスはブラジルと死闘を演じるなど、今までの殻を破りそうな力強さを感じます。スイスの前線のタレント陣が、堅いスウェーデンのディフェンスをどうこじ開けるか?に注目しましょう!

⑧ 7月3日 (火) 27時~

コロンビア(H組1位) vs イングランド(G組2位)

・場所:モスクワ

・TV放送予定時間:27時~【NHK総合/NHK-BS1】

<見どころ>
コロンビアが初戦で大きく躓いた時は個人的に優勝候補と期待していたアメリカ大会の二の舞になるんじゃないか?と思ってました。ところがそこから2連勝で立て直して来たのは流石名将ペケルマン監督。エースのハメス・ロドリゲス選手は本調子ではないもののやはり評判通りの強さです。一方でイングランドは昔から波に乗った絶対的エースがいる時は強い!得点王レースも気になるのでハリー・ケイン選手の泥臭いゴールが観たいです。私が当時のコロンビア代表の中心・バルデラマ選手のファンになった試合(イタリアW杯のコロンビアvsドイツ)の時のような名勝負を期待してます。

 

◆W杯の試合を見逃した!熱戦をもう一度観たい!→ U-NEXTなら無料・安全で観れます!

U-NEXT

>>日本最大級の動画配信サービスの詳細はこちら!

 

 

■準々決勝 (ベスト8)

⑨ 7月6日 (金) 23時~

フランス vs ウルグアイ

・場所:ニジニ・ノヴゴロド

・TV放送予定時間:23時~【TBS系列/NHK-BS1】

<見どころ>
アルゼンチンおよびメッシの夢を打ち砕いたフランスとクリスティアーノ・ロナウドをほぼ完璧に抑え込んだウルグアイの対戦。それにしてもアルゼンチンがグループリーグのクロアチア戦に続きあそこまで失点するのを見たのは過去記憶がありません。それほどフランスの覚醒が2次曲線的に加速してきているのか?いずれにしても、キーマンはやはり波に乗ってきたエムバペ選手でしょう。欧州王者を退けてホッとしているウルグアイのディフェンス陣の余力次第だと思いますが、ロナウド選手を封じた同じ手がエムバペ選手にも通じるのか?応援はウルグアイですが、エムバペ選手のチャンピオンズリーグでも見せた勝負強さも見たいので、打ち合いを期待しますが、何だか延長の匂いがプンプンします。

⑩ 7月6日 (金) 27時~

ブラジル vs ベルギー

・場所:カザン

・TV放送予定時間:27時~【TBS系列/NHK-BS1】

<見どころ>
タレント軍団同士の対戦。過去のブラジル代表と比べると、今回はシュートミスが目立つ印象がありましたが、難敵メキシコを一蹴するあたりは流石です。一方で、日本が良い試合運びで苦戦したにせよ、控えの選手層の厚さと地力で勝ち上がったベルギー。この試合も打ち合いになりそうな気がします。ベルギーの選手が試合後言っていたように、日本戦は「良い薬」になったのではないでしょうか?日本の分まで頑張って欲しいという願望と、気を引き締め直すことができたという意味で、初優勝に向けベルギー攻撃陣の爆発を期待したいところです。特にデキがイマイチだったカラスコ選手。アトレティコファンの1人として応援してます!

⑪ 7月7日 (土) 23時~

スウェーデン vs イングランド

・場所:サマーラ

・TV放送予定時間:23時~【NHK総合/NHK-BS1】

<見どころ>
派手さはないものの、しぶとく勝ち上がってきたスウェーデンとPKの呪縛を見事に振り払ったイングランド。守備力ではスウェーデンが上回るでしょうが、ハリー・ケイン選手がそんなスウェーデン守備陣に対してどんなポジショニングを取るのか?「何でそこに居るんだ!?」が代名詞のケイン選手の得点が是非見たいですね。個人的には1対0でイングランドの勝利を予想します。

⑫ 7月7日 (土) 27時~

ロシア vs クロアチア

・場所:ソチ

・TV放送予定時間:27時~【NHK総合/NHK-BS1】

<見どころ>
スペインの無敵艦隊をPK戦の末に沈めた地元・ロシアと同じくPK戦で難敵デンマークを退けたクロアチアの対戦。両国とも延長線を戦い消耗しましたが、日程的には準々決勝の最後の試合ということで恵まれています。まるで自国のロシアに有利なスケジュールは仕方がないのかな?試合を終えた順から入れ替わるのでちょっと複雑な日程ですよね。どちらもグループリーグでは圧倒的な得点力を見せましたが、流石に決勝トーナメントではそうはいきません。この試合も接戦になると思いますが、個人的に心配なのが、両国の平均年齢の高さです。特にクロアチアは各ポジションの中心選手が軒並み30歳以上なので、ベンチワークが鍵を握るでしょう。経験の差と対戦してきたチームを総合的に考えればクロアチアが順当に勝ち上がりそうなのですが、ロシアの控えのミランチュク兄弟などのフレッシュな若手が史上最弱ホスト国とよばれたチームの躍進を継続させるかもしれません。ということでモドリッチ選手のプレーにうっとりしながらも、ゴロヴィン選手を初めとしたロシアの若手に注目したいと思います。

 

■準決勝

⑬ 7月10日 (火) 27時~

フランス vs ベルギー

・場所:サンクトペテルブルク

・TV放送予定時間:27時~【NHK総合/NHK-BS1】

<見どころ>
高速カウンターを得意とする両チームの対戦。中でもルカク、エムバペ両選手のドリブルからの速攻が上手くハマっていましたが、この試合は少しベルギーのポゼッション率が上がるかな?と予想でき、そうなるとフランスのカウンターをベルギーがどう防ぐか?がポイントになりそうです。またセットプレーも両チームとも高さ・強さ・上手さがあるので互角。更にはキーパーも互角でしょう。延長線かPK戦での僅差の決着となる予感がします。応援はベルギーで純粋に拮抗した勝負を楽しみたいと思います。

⑭ 7月11日 (水) 27時~

イングランド vs クロアチア

・場所:モスクワ

・TV放送予定時間:27時~【テレビ朝日系列/NHK-BS1】

<見どころ>
ケイン選手の得点王に向けた動向ばかり気になりますが、消耗度から行ったら、イングランドが有利。スタメンの平均年齢だけでも若さのイングランドに対してクロアチアは厳しいか?しかし、しぶとくしぶとく買ってきたクロアチア。今大会は波乱が沢山起きてるので、まだワールドカップで優勝未経験の国に新たな歴史を刻んでほしいという意味で、応援はクロアチアで。

 

■3位決定戦

⑮ 7月14日 (土) 23時~

ベルギー vs イングランド

・場所:サンクトペテルブルク

・TV放送予定時間:23時~【テレビ朝日系列/NHK-BS1】

<見どころ>
日本が負けたということもありますが、応援してたベルギーがフランスに屈しました。ベルギー史上、間違いなく最強チームであるので、最後の試合は良い形で終わって欲しいです。プレーが好きなカラスコ選手がここまで、あまりパッとしないので、最後に結果を出して欲しいです。また両チームともに、次の大会への布石として、フレッシュな若手に経験を積ませる可能性もあります。そんな新しい発見に期待しながら観戦したいと思います。

 

■決勝

⑯ 7月15日 (日) 24時~

フランス vs クロアチア

・場所:モスクワ

・TV放送予定時間:24時~【NHK総合/NHK-BS1】

<見どころ>
大会前にクロアチアの決勝進出を一体誰が予測できたでしょうか?確かにフランスが勝ち上がってきたブロックに強豪が偏っていたという部分はあるかと思いますが、グループリーグでもアルゼンチンに3−0で快勝してますから、完全に波に乗っている感じがします。相手はフランスですが、両国とも対戦したアルゼンチン戦の内容で比較すると、クロアチアの初優勝は有り得るかもしれません。応援もクロアチアで、新たな歴史誕生を目の前で起きることを期待したいと思います。

 

Sponsored Links

 

Sponsored Links



「ロシアワールドカップ決勝トーナメントの日程」まとめ

 

決勝トーナメントに入ると、もう残り16試合と大会も一気に加速します。

グループリーグでは戦う中で「引き分け」という選択肢もありますが、1発勝負のトーナメントでは勝ち切る采配がより重要になってきます。更には延長線やPK戦も視野に入れなければなりません。

 

我が日本は過去に2度、ラウンド16に進んでいて、語弊を恐れずに言えば、どちらも戦前の予想では「十分に勝てる相手」でした。(2002年→トルコ、2010年→パラグアイ)

しかし、2002年の時は0対1、2010年の時はPK負け(3対5)と着実にベスト8に近づいています。

そして、今回仮にラウンド16に進めば8年周期ということになり、前回の2010年より着実に前進すると考えると…

「今度こそベスト8」

という期待は更に高まりますね!

 

まあそんな皮算用が簡単に成り立つような甘い世界ではありませんし、今回当たりそうな国を考えると(ベルギーorイングランド)、”3度目の正直”には高すぎるハードルになりそうです。

でも、冒頭に書いたように、サッカーは何が起こるかわかりません。

 

直前での監督解任などのゴタゴタもありましたし、先を見据える余裕など無いはずなので、とにかくグループリーグの3試合で、自分たちのサッカーを出し切って欲しいですね。

それでダメでも、戦う姿勢を見せてくれれば、前に進めるでしょう。

 

サムライジャパンの快進撃を期待しています!

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

【関連記事】

[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/nishino-akira-6814.html”]

[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/kylian-mbappe-7248.html”]

[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/rodrigo-bentancur-7265.html”]

[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/niang-7189.html”]

[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/sadio-mane-7180.html”]

[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/ahmed-musa-7160.html”]

[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/mutouyoshinori-1579.html”]

[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/uedanaomiti-1572.html”]

 

Sponsored Links