今、Youtubeの動画の中で

抜群に再生回数を伸ばしている

動画があります。

 

それが、

「佐賀弁ラジオ体操」

です。

 

佐賀県って九州でも一番人口の少ない県

ですから、この動画を見て懐かしい!

と思う人よりも…

「何て言っているのかわからん!」

という人が圧倒的に多いと思われます。

 

Sponsored Links

 

その昔、はにわさんの

「S・A・G・A…佐賀!」

が大ブームになりましたが、

今回も何やら同じニオイを感じるのは

私だけでしょうか?

 

そこで、今回はこの話題の

佐賀弁ラジオ体操で抜群の方言を

聞かせてくれるナレーションに

着目し、誰の声なのか?

調べてみました。

 

佐賀弁ラジオ体操のナレーションは誰?

早速ですが、まずは

話題の佐賀弁ラジオ体操の動画を

見てみましょう。

 

 

佐賀市が監修しているというのが

より面白さを掻き立ててくれます。

 

 

 

佐賀市って佐賀市の良さを広めようと

昔からいろいろPR活動されてますよね。

 

こういう動画は、

どこかホッコリするし、

我々視聴者にとっては大歓迎です。

 

個人的には

「ひん曲げんしゃい」

のところがツボに入りましたw

 

 

さて、動画を見てもらって

すでにネタバレしてしまっていますが、

ライジお体操の裏側で小気味良い

佐賀弁を聞かせてくれているのは

宇都宮直高さん

という方です。

 

動画でこのナレーションを聴いていて

プロの声優さんか?

と思っていましたけど、宇都宮さんは

佐賀市出身のテノール歌手とのこと。

 

どうりで声も凄く良くて

佐賀弁も達者なわけです。

 

ナレーションは本業ではないとは言え

まるでプロ顔負けの腕前なので

今後、ナレーションのお仕事が

殺到したりして…

 

ということで、この宇都宮さんに

興味が出てきたので、

続いて彼の経歴などに迫ってみたいと

思います。

 

Sponsored Links

 

宇都宮直高の経歴は?

 

宇都宮さんはカナリのイケメンなんですが、

実は年齢がハッキリと公表されていません。

 

ただ、大学在学中の2000年に

あの劇団四季に入団していることから

35〜39歳の間であることは

間違いないです。

 

佐賀市出身ですが、小学校時代を

アメリカ・カリフォルニア州で

過ごしたのだとか。

 

きっと英語もペラペラなのでしょう。

 

しかし、その後の経歴を辿ると

中学・高校時代の情報はなく

いきなり東京藝術大学入学まで

飛びます。

 

アメリカから帰国した後、

どこの住んでいたかはわかりまえんが、

現在、佐賀市のプロモーション大使に

任命していることから想像するに

きっと佐賀市に戻って中学・高校時代を

過ごされたのではないか?

 

個人的にはそう思います。

 

 

さて、

その東京藝術大学時代についてですが、

音楽学部声楽科を先行して、

オペラの基礎を学ばれました。

 

そして、何と大学在学中に

「メリーウィドウ」のカミーユ役に

いきなり抜擢されてオペラデビューを

飾ってしまいます。

 

いきなり大役でデビューしちゃうなんて

宇都宮さんの才能がいかに凄かったか?

を物語っていると言っていいでしょう。

 

その後も、

「フィガロの結婚」

「椿姫」

「魔笛」

「カルメン」

「蝶々夫人」

などでオペラ経験を十分に積むのと同時に

劇団四季においても

数々のミュージカルの舞台に立ちます。

 

 

初舞台は「ライオンキング」

 

その後、

「マンマ・ミーア!」

「ウィキッド」

「エルコスの祈り」

などで経験を重ねると、遂には

「ライオンキング」の主役である

シンバ役を担うまでに成長。

 

現在は、佐賀市のPR活動に参加する傍ら、

ディナーショーや佐賀県音楽教会会員、

更には日本クラシック音楽コンクールの

声楽部門の審査員など多方面で

活躍中です。

 

そうそう、何とテレビ東京の

「THEカラオケバトル」

にも出演されたことがあるんですよ。

 

関連記事

 

そして先日は、

Jリーグ・サガン鳥栖のハーフタイムで

佐賀弁ラジオ体操のお披露目イベントに

参加されていました。

 

 

やはり、ライオンキングの

主役まで努めた実績は抜群の知名度で

宇都宮さんは今後も色んなイベントに

引っ張りだこになりそうですね。

 

「佐賀弁ラジオ体操」まとめ

 

話題の佐賀弁ラジオ体操の

ナレーターは宇都宮直高さん

でした。

 

佐賀県のPR活動って

本当に力が入っていて

またその活動に、佐賀県出身の

有名人が快く参加しているので

佐賀県人の地元愛はいつも凄いなぁ

と関心します。

 

昨年の夏頃にはこんな動画を

制作していました。

 

 

はなわ兄妹の共演とか、

時代劇なのに素のエガちゃん登場とか

この動画でしか見れない要素満載で

ホントこれからも佐賀県のPR活動を

応援したくなります。

 

 

実はラジオ体操については

他に鹿児島弁など続々と

方言バージョンの動画が出始めてきて

います。

 

ラジオ体操の次に何が来るのか?

 

早くも期待してしまいますが、

地方が活気づくように

こういうPR活動はどんどん続けて

行って欲しいですね。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

Sponsored Links