話題になりそうな人

迫田さおりの性格は?日本人離れしたジャンプ力がヤバイ!

バレーボール先月行われたリオ五輪。

女子バレーは残念ながら2大会連続のメダル獲得ならず、準々決勝敗退という残念な結果に終わりました。

木村沙織選手は五輪後に代表からの引退を発表していますが、もう1人去就が気になる選手がいます。

それが、今回取り上げる迫田さおり選手です。

迫田選手と言えば2012年のロンドン五輪での銅メダルが掛かった韓国戦における神がかった大活躍が思い出されます。

 

しかし、その代償なのか?ロンドン五輪後に右肩を痛めてしまい苦しんでいましたよね。

ところが、2012-2013年Vプレミアリーグではリーグ後半戦での驚異的な得点力で、最終的に得点ランク2位になりベスト6を受賞、翌年の2013-2014シーズンでは得点王に輝き右肩の不安を一掃する活躍を見せてくれました。

全日本チームにとってその経験値やバックアタックなど大事なキーマンになると思われましたが、残念ながら結果は先に述べた通り。

今、28歳になる迫田さおり選手

五輪後に引退するのか?と一部では囁かれていましたが、まだ正式発表には至っていません。

個人的には、代表に呼ばれる限りは引退して欲しくなくて、彼女のダイナミックなスパイクはまだまだ見たいと思っています。

そこで、この記事では改めて彼女の性格や魅力について、思うところを綴っていきたいと思います。

 

迫田さおりの日本人離れしたジャンプ力!

迫田さおり選手の特徴と言えば真っ先にその日本人離れしたジャンプ力が挙げられます。

迫田選手は身長が175cmとバレーボール選手としては低い方です。

 

ところが、アタッカーの能力で大事な最高到達点に関しては推定で320cmと、高さだけで世界と渡り合える唯一の選手と言っても過言ではありません。

 

全日本女子のキャプテンを務める身長185cmのエース木村沙織選手でさえ最高到達点は304cmです。

まあ、木村選手の場合はテクニックでカバーしているのですが、やはり迫田選手の高さはまだまだ全日本の大きな武器と言えます。

 

迫田選手を見ていてよく思い出すのがキューバの黄金期を支えたルイス選手です。

ルイス選手も身長は迫田選手と同じ175cmでしたが、最高到達点は333cmで更に出産後には336cmに伸ばした小さな大エースでした。

 

迫田選手にもルイス選手のような豪快なアタッカーになって欲しいのですが、最近の迫田選手への要求は

  • 早くて低いトスを打つことだったり、
  • コースを分けることだったり、
  • ブロックアウトを狙ったテクニック部分

であったりで、その辺が彼女に合ってないというか…少し気になっていました。

元々器用な選手ではないので、いい意味での豪快さが迫田選手から消えてしまったのでは?と思ってしまいます。

そんな不器用な面もルイス選手とカブるんですよね~

 

まあそういうテクニック面が身に付けば更にアタッカーとしての幅が広がる訳なんですが、迫田選手には是非小さくまとまらず、豪快さを失わないでいて欲しいです。

 

先ほど、去就が気になると書きましたが、その豪快さが出せなくなった時が引き際なのかなぁ?と感じます。

 

アタッカーの選手の引退する年齢は「28~30歳くらい」らしいのですが、次の東京五輪の時に迫田選手は32歳

先ほど話題に出したキューバのルイス選手は2000年のシドニー五輪で金メダルを獲ったとき32~33歳くらいでした。

確かその後も代表に名を連ねていたので、迫田選手にも是非東京オリンピックを狙って欲しいなと思います。

さて、迫田選手のプレーの特徴としてもう1つ外せないものがあります。

それが、バックアタックの名手だということです。

早いバックアタックはもちろん、前衛なのに一回後ろに下がってから戻ってきてアタックするスコーピオン攻撃は迫田選手ならではのものです。

前・全日本監督の眞鍋監督が提唱していた「Hybrid 6」の申し子でもあります。

 

このスコーピオン攻撃に関しては、時に審判さえも

「後衛の選手なのにアタックラインを踏んだ」

と惑わせてしまうところがたまに傷ですが、見ている側にとっては底知れぬ魅力を感じます。

世界の各国もそれを研究してきたせいで?すっかり影を潜めた感はありますが、またあっと驚くような新しい攻撃パターンを編み出してくれることを期待したいです。

 

年齢的に多少ピークが過ぎたならばその過ぎたなりの方法を考えれば良いのです。

体格面で圧倒的に世界から劣る日本は他国のコピーではなく、そういう独自面を発揮していかないと取り残されると思います。

 

思い返せば「東洋の魔女」と言われてた時には、そういう日本発の技がたくさんあったハズです。

ということで、日本女子バレー全体に創意工夫を期待してます!

 

Sponsored Links




迫田さおり選手の性格は?

迫田選手の性格は筋金入の真面目な努力家だそうです。

何でも監督からストップと言われるまで練習をいつまでも続けてしまうとか。

自分の不器用さを練習量でカバーしようとするなんて、まるでスポ根マンガのヒロインですよね。

 

また、国内リーグの決勝戦で負けてしまったときに、人目も阻からず号泣してしまう程の負けず嫌いな面?もあります。

性格面でも応援したくなる選手ですね。

 

ただ、逆に普段の迫田選手はさっぱりした明るい性格とのこと。

だから失敗したことも引きずらず向上心を持ち続けられるのでしょう。

試合中も失敗を恐れず、どんどんスパイクを打ちまくって欲しいですね。

 

さて、最後に、迫田選手のニックネームは「リオ」

名前の「さおり」を引っくり返したあだ名だそうですが、まさにリオ五輪での活躍が約束されているような愛称だったのに、思ったより出番にも恵まれず悔しい思いをしました。

東京五輪に向けてチームは確実に若返ると思いますが、迫田選手の経験値や攻撃力は捨てがたいものがあります。

そんな若いチームの中に、きっとこういう選手が1人必ず必要になってくるのではないでしょうか?

ということで、繰り返しになりますが、彼女には代表に呼ばれる限り現役を続行して欲しいと思います。

 

Sponsored Links




【追記】迫田さおりの現在

迫田さおり選手は、残念ながら引退してしまいました。

今ではKKB鹿児島放送局のレポーター、春高バレーやVリーグの解説者として、選手時代とは違った色んな表情を見せてくれています。

 

相変わらずのリオスマイルは素敵ですね~

選手時代の経験を活かし、迫田さんにしかできない解説&リポートを期待しています!

 

あわせて読みたい
バレーボール
野本梨佳の経歴や成績は?怪我を克服し全日本エースに名乗り!中田久美監督率いる新生全日本女子。 グラチャンバレー2017を闘うにあたり、チームの中心であった長岡望悠選手、古賀紗理那選手の左右...
あわせて読みたい
バレーボール
宮部藍梨の経歴は?腰痛で苦しむも目指せ東京五輪!リオ五輪での惨敗を受け、2020年東京五輪に向けてこれから世代交代を含め抜本的なテコ入れが必要な全日本女子バレー。 個人的には、宮...
あわせて読みたい
バレーボール
古賀紗理那の血液型は?木村沙織2世の性格から占う全日本の進路昨年、リオ五輪の出場権が掛かった「FIVBワールドカップバレー2015」で躍動した古賀紗理那選手。 私はその時、初めて彼女のプレー...