落語と言えば、

つい先日まで放送されていた

昭和元禄落語心中など、

落語を題材としたしたものが最近

増えてきた印象があります。

 

個人的には、もしこの

「昭和元禄落語心中」

がドラマ化などされるなら

主人公の与太郎をやる人物として

うってつけだと思っているのが

三遊亭とむさんです。

 

 

 

人気芸人だったハズの彼が

何故自ら落語家への道を選んだのか?

 

この記事では、

その転身理由と個人的に気になる

とむさんの本名や実家について

調べてみました。

 

三遊亭とむさんの本名や実家は?

 

三遊亭とむさんは、落語界へ転身する前は

ピン芸人だったわけですが、

その時の芸名が末高斗夢

 

 

 

実はこの芸名は彼の本名でした。

 

その末高斗夢時代は小学生でも

わかるようなダジャレネタを持ち味に

していて、笑わせるよりは

場をしらけさせることで存在感を出す

という芸風でした。

 

芸人さんはそれこそ星の数ほどいるので

そんな中で独自性を発揮していくのは

至難の業。

 

ところが当時の末高さんは

特技が「利きミネラルウォーター」など

一風変わった芸風とネタの分かり易さが

意外にも受けていました。

 

それが良い意味で差別化となり

その後芸能レポーター等でも活躍。

 

世に出ないうちに消えていく人が

多いと言われる厳しいお笑いの世界で

いわゆる人気お笑い芸人と認知される

状況まで努力で登りつめた末高さん。

 

ところが2011年8月、

突然そんな芸人としてせっかく築いた地位

を捨て落語界への転身を発表

 

自ら事務所・ホリプロコムに

芸人引退を申し入れたそうです。

 

そして、

転身後は三遊亭こうもりとして

活動を開始し現在は二つ目に昇進し

三遊亭とむを名乗っています。

 

コツコツ積み上げてきて

売れるようになってからの転身なので

よっぽどのことがあったハズです。

 

その理由については後述しますが、

まず第一感で思うのは

きっと落語界に関係のあるご両親を

お持ちだなのでは?ということ。

 

しかし詳しく調べてみると、何と

とむさんの実家は歯医者さん!

でした。

 

 

東京板橋区にある末高医院

とむさんのご実家です。

 

 

私は大学時代に2年間、

実は東武東上線のときわ台周辺に

住んでました。

 

こちらの記事でも

軽く触れているのですが、

 

関連記事

色んな宗教団体が勢力争いをしている

ようなちょっと怖い地域でしたね…

 

それさえなければ住みやすい街

だったんですけれど…

 

それでも、

とむさんの実家を地図で追いかけて

懐かしさがこみ上げてきました。

 

私が住んでいたのは

とむさんの実家とは線路を挟んだ

反対側でしたが、この辺り一帯は

大きな家も多く高級住宅街と言われる

地域だったのを思い出します。

 

そんな土地柄で開業しているってだけでも

凄いのに、しかも末高歯科の住所は

末高ビル1階となってますので

ビルごと末高家の持ち物なのでしょう。

 

三遊亭とむさん、、

相当なお金持ちだったんですね。。

 

ちなみに余談ですが

私が住んでいた線路の反対側には

当時あのエスパー伊藤さんが住んで

たんですよ?

 

何度か見掛けましたが、

普通のマンション…いやアパート?

で細々と暮らしていた感じでしたっけ。

 

今から20年近くも前なので

流石に今は引越しているかな??

 

って話が脱線してすみません。

 

それでは、三遊亭とむさんが

芸人を辞めるに至った経緯について

みて行きましょう!

 

Sponsored Links

 

売れっ子芸人・末高斗夢が落語家へ転身したワケ

 

お笑いの仕事だけでなく、

情報番組での芸能リポーターや

「野ブタ。をプロデュース」はじめ

数々のドラマにも出演していた

末高斗夢さん。

 

落語家への突然の転身には

先輩などへ相談すること無く、

本人自身が熟考の上決めた道

でした。

 

あまりに突然のことに、

斗夢さんを可愛がっていた

大竹まことさんもビックリを通りこして

怒ってたらしいです。

 

「ミスター・ヤングマガジン」

に輝くなどイケメンでもあり、

更衣室に忍び込む泥棒役や修行僧

といった微妙な役だったにせよ

ドラマにも出たり、

レギュラー番組も数本持っていましたから

それなりに充実していたハズです。

 

というのも、落語家へ転身して

二つ目に昇進した2015年の時点でも

芸人のピーク時の年収には及ばない

と本人が語っていたからです。

 

やっと食えるようになった状況を

変えさせたのは一体何だったのでしょうか?

 

当時のことを調べてみると

どうやらキッカケは

スピードワゴン・井戸田さんからの

一言だったみたいです。

 

それが、

「最近のお前、楽しめてるのか?」

の一言。

 

末高さんは根がすごく真面目なのでしょう。

 

この言葉を聞いてから、芸人としての自分を

「今のままで良いのか…」

と悩むことになりました。

 

ちょうどこの頃、

事務所の個入のザ・たっち兄弟

お天気コーナーなどの活躍の場を

奪われる形が多くなったそうです。

 

そうやって悩んでいたときに起きた

あの東日本大震災

 

支援物資を届けたりと

ボランティア活動を行う傍ら

マギー審司さん等と被災者を

励まそうとネタを披露することになった

末高さん。

 

 

そして事件は起きました。

 

マギーさんらが順調に被災者に笑いを

届けて行く中、いよいよ末高さんも

ネタ披露となったわけですが、

そこでいつもの場をしらけさす芸風が

災いして、全くウケませんでした。

 

さらに、

励まさなきゃならない人から逆に

「頑張れ!」

とエールをもらうことに…

 

そこで、末高さんは悟りました。

 

このままじゃマズい!

と…

 

そして自分を変えようとして

「笑い」に対する考え方を変えるべき!

と考え、落語界の門を叩くことに

なるのです。

 

 

師匠に選んだのは

三遊亭好楽さん

 

驚くことに、その弟子入りする祭、

交わされた会話が凄いんです。

 

好楽師匠から

「お酒飲めるか?」

と聞かれた斗夢さん。

 

「飲めます!」

と返答すると

「イイねぇ?」

と言われ、それで入門が決定!

 

落語の弟子入りって、

こんなに簡単で良いのでしょうか?

って心配になるくらいに

アッサリしたものでした。

 

好楽師匠も、斗夢さんに対し

コイツならやれる!

というヒラメキみたいなものが

きっとあったのでしょうね~

 

こうして、「三遊亭こうもり」

が誕生し、辛い下積み生活が

始まります。

 

 

 

先ほど書いたように、

とむさんの実家はお金持ちで

「道楽者」

などとツッコまれることも多かった

のですが、実際はネタで使う小道具など

ちゃんと自分でバイトして調達していた

苦労人でした。

 

そんな芯の強さと、

芸人時代に培った人脈

辛い下積み生活を見事乗り切って

現在に至ります。

 

とむさんの交友関係はちょっと意外

なんですが、ウエンツ瑛士さんとは

大の親友で、特に心の支えに

なってもらったようです。

 

他にも、

KAT-TUNの亀梨和也さんなどとも

親交が深いとのこと。

 

 

やはり、苦しいときには

そう言った人脈が何より救い

となりますよね。

 

とむさんが

多方面で活躍されてきた

芸人時代の賜物と言えるでしょう。

 

ところで、三遊亭こうもり時代には

何とあのR-1グランプリ

決勝の舞台にも立ちました。

 

決勝での結果は

まさかの0点

「三遊亭0点」

とからかわれていたようですが、

売れない芸人時代よりも

落語の下積み生活は大分マシだった

ようですよ。

 

だって、師匠に付いていけば

ご飯は食べれますし、

寄席に出ればきちんと手当が

もらえます。

 

1舞台数百円の芸人時代よりは

経済的には大分違うでしょうからね。

 

 

そして、プライベートでは

2015年11月11日に3つ年上の

一般女性と結婚。

 

この時の公開プロボーズ

をしていた番組…

何となく覚えています。

 

そんな公私共に充実してきた

三遊亭とむさん。

 

質の良い舞台が評価されたのか

笑点の特番などにも出演するなど

確実に成長しているようです。

 

目標は90歳を越えても

舞台に立ち続ける大先輩方のように

人生を掛けて落語の素晴らしさを

伝えていくこと

 

「笑い」への考え方を見事に変えた

三遊亭とむさんさん。

 

これからも是非頑張って欲しいですね♪

 

「三遊亭とむの本名」まとめ

 

今回は三遊亭とむさんの

本名でやっていた

芸人・末高斗夢時代から

落語家への転身理由について

お送りしました。

 

実家が歯医者さんでお金持ちにも

関わらず、スネをかじるではなしに

自分の力だけで頑張っていたようで

とても好感が持てますね。

 

イケメンで人気もこれから益々

出るでしょうから、

将来的には是非、

笑点のレギュラー

まで登り詰めて欲しいものです。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

Sponsored Links