photo0000-2031沖縄という場所は特殊な街で、

訪れた人の時間を忘れさせる程の

悠久な時間を過ごさせてくれます。

 

それもこれも、

沖縄関係者たちが過去の歴史において

いろいろな妨害にも負けず、

独自の文化を守り続けてきたからこそ

ですよね。

 

Sponsored Links

 

その積み重ねがあって、

今では日本でも指折りの観光地として

有名になり、日本国内外問わず

年間に訪れる方も少なくはありません。

 

そんな沖縄の中でも、

特に有名なのが首里城です。

 

2000年に世界遺産登録されましたが、

これは実は首里城跡であって

現在復元された本殿などではないそうです。

 

photo0000-2039

首里城は沖縄の古代を語る上で

大変重要な場所であり

沖縄の有名な観光スポットとなっています。

 

その首里城を中心としたイベントも

色々行われていますが、

中でも定番なのが首里城のライトアップです。

 

ということで今回は、

この大変魅力的なイベントの点灯時間や場所、

更には駐車場情報やオススメのスポット

についてまとめてみました。

 

首里城ライトアップの時間や場所は?

photo0000-2027

首里城のライトアップイベントは

琉球王国の優雅さを体験できる

琉球公園で行われているイベントです。

 

これは一年を通して行われるイベント

ライトに照らされた首里城の幻想的な姿

が楽しめます。

 

YouTubeでその様子を収めた

貴重な動画を見つけましたので

シェアさせて頂きます。

 

(もし動画が削除されていたらスミマセン)

 

点灯時間が気になりますが、

この首里城ライトアップ時間は

日没から24時くらいまでです

 

日没?と言っても季節によって

当然違いますので、

下記を大体の目安にしてください。

 

沖縄の日没時間

1月1日 17:48

3月1日 18:30

5月1日 19:01

7月1日 19:25

9月1日 18:48

11月1日 17:46

 

 

時間を気にせずに優雅な時を過ごす事が

出来るのが特徴です。

 

観光で訪れる人が多い中、

この良い意味でのルーズさは

とても助かります。

 

旅先で時間に追われるのは

何だか落ち着きませんもんね。

 

 

ご紹介した動画にあるように

真っ暗というよりは

完全に日没してしまう前の

少し早めの薄暗い時間帯からゆっくり

時間を掛けて回るのがオススメです。

 

個人的には

薄暗い中のライトアップの方が

より味わい深い印象を受けますので。

 

中心となる琉球公園は那覇市内にあります。

photo0000-2036

琉球公園は首里城を含めた一帯に位置し、

正殿の中の方は有料となりますが、

無料区域もたくさんあり、

その無料区域に関しては

閉園時間を過ぎてもライトアップを

楽しむことが出来ます。

 

 

無料区域の開園時間

対象区域: 歓会門、木曳門、久慶門

 

期間 営業時間
4月~6月 8:00~19:30
7月~9月 8:00~20:30
10月~11月 8:00~19:30
12月~3月 8:00~18:30

 

 

有料区域の開園時間

対象区域: 正殿・奉神門・南殿・北殿など

期間 営業時間
4月~6月 8:00~19:00
7月~9月 8:00~20:00
10月~11月 8:00~19:00
12月~3月 8:00~18:00

 

どちらも季節によって時間が違うので

気を付けてください。

 

※7月の第一土曜日とその翌日は定休日。

→売店やレストランなどを除く

無料区域は見学可。

 

入館料金について

入館料金については以下の通りです。


一般(20名未満)

大人…820円

高校生…620円

小・中学生…310円

6歳未満…無料

 

団体(20名以上)

大人…660円

高校生…490円

小・中学生…250円

6歳未満…無料

 

年間パスポート

大人…1,640円

高校生…1,240円

小・中学生…620円

 

※身体障害者手帳などをお持ちの方は

 窓口で提示すると介護者1名まで無料

 となるようです。


モノレールフリー乗車券を

利用の場合はフリー乗車券を

窓口にて提示すれば以下の団体料金で

入管できます。

 

団体(20名以上)

大人…660円

高校生…490円

小・中学生…250円

6歳未満…無料


photo0000-2021

 

ただし、ここで注意点がっ!
ライトアップは確かに年間通して

となっていますが、

機材の点検等で実施されない日もある

ようなので、行かれる前に

確認した方がいいですよ。

 

 

せっかくの景色を楽しみでいったのに

ライトアップされてなくて真っ暗だった…

 

そんなことにならないように

ご注意ください。

 

Sponsored Links

 

駐車場やおすすめスポットをご紹介

photo0000-1642

首里城のライトアップは、

どこを見ても幻想的で素晴らしいのですが、

特に人気なのが…

 

以下の2箇所です。

 

 

①龍潭池からの眺め


首里城公園の北に位置する

龍潭池(りゅうたんいけ)周辺からの

ライトアップの眺めは特に幻想的です。

無料区域ですし、ここは絶対に外せません!

 

 

②西(いり)のアザナからの眺め


首里社館(地下駐車場)から徒歩5分の

ところにある高台が「西のアザナ」です。

「アザナ=物見」という意味で

展望台が設置されています。(無料)

 

ここからは首里城だけでなく、

那覇市内の夜景も見れる穴場スポットです。

photo0000-2030

 

日没直前のまだ明るいうちに行くのが

ベスト。

(慣れていないと暗い中で迷う危険性大。)

 

この他に、守礼門のところでも

良い写真が撮れますよ。

 

 

そして、

正殿は有料ですが、やはり

ライトアップを間近で体感できるので、

それだけの価値があります。

 

でもまあ個人的には、

無料区域であっても、

城郭周辺を散策するだけで

十分に楽しめると思います。

 

散策して目にすることができる

普段何気ないシーサー達も

ライトアップされて違う姿を見せてくれ、

photo0000-1646

 

さらには、

城郭もライトが当たると違う風景が

浮かび上がり、

遠目で見る首里城に昼間と違う

悠久の歴史を感じることができます。

 

正殿に入るのは、無料で堪能したあと

余裕があれば…くらいで十分かと。

 

駐車場について

首里城に車で行く際、

駐車場は地下2階にあります。

 

駐車場の入口は

世界遺産に登録された首里城跡

の向かい側。

 

50?116台ほど停められる県営駐車場で

料金は普通乗用車で320円/日

(お得な11回分回数券は3200円)

 

バスなどの大型車は地下1階と2階になり

入り口は普通車の場所から更に奥に

進んだところにあります。

 

大型車の方の料金は960円/日

(お得な11回分回数券は9600円)

 

ただし、季節によって

駐車スペースに調整が入るようなので

注意が必要です。

 

 

駐車場の営業時間は下記の通り。

期間 営業時間
4月~6月 8:00~20:00
7月~9月 8:00~21:00
10月~11月 8:00~20:00
12月~3月 8:00~19:00

※7月の第一土曜日とその翌日は定休日。

 

 

こちらも

季節によって時間が違うので

気を付けましょう。

個人的には、

沖縄に行くなら冬が一番!

だと思っているのですが、

無料・有料区域および駐車場ともに

その冬の時間帯が一番短いところ

なのが少々残念に感じます。

 

ただ、

イルミネーションは冬というイメージが

定着してしまっている中で、

1年中いつ行っても幻想的な世界を

味わえる貴重なイベントなので、

沖縄に行った際は外せないイベントですね♪

 

Sponsored Links

 

「首里城ライトアップ」まとめ

photo0000-1976

沖縄は観光が主産業になっている県です。

 

沖縄に来ると、

また来たいなぁ~と感じるのは、

その観光産業とは別の所にあるような

気がします。

 

沖縄には悲しい歴史もありますが、

それを乗り越えて独自の文化を育てながらも、

自分たちのルーツは大事にしている

 

それがこの首里城などのイベントに

繋がっていると私は思うのです。

 

沖縄の歴史に誇りを持ち、

何かこう…いろんな人に見て欲しい

という気持ちが伝わってきます。

photo0000-1648

更に綺麗にライトアップする事で、

より印象的にしている感じです。

 

まだ体感していない方、ぜひ行って

その空気に触れてみてください!

 

以上、最後までお読み頂き、

ありがとうございました。

【関連記事】

 

Sponsored Links