話題になりそうな事

卒業式での父母の服の色は?40代が着やすい喪服ブランドはどこ?

王道!卒業式はブラックフォーマル?

もうそろそろ、そんなシーズンになりますかねえ。

 

そう…涙のお別れ、卒業式です。

 

いやー自分の時を思いだしますね。

 

卒業証書を一人ひとり受け取る時の緊張感、ひとつ大人になったような高揚感、今思い出してもキュンとした気持ちになります。

 

そんな自分も気付けば、今度はわが子の卒業式です。

 

昔はみんな黒っぽい服装だったけど、最近はどうなんだろう?

などと一番悩むのが着ていく服装ですよね。

 

ということでこの記事では、最近の卒業式での父母の服の色や、特に40代に向けたオススメの喪服ブランドと服選びの際の注意点をお届けしたいと思います。

 

卒業式、父母の服装の定番は黒色だけど差はあり

卒業式の父母の服装の定番は、やはり今でも黒色でした。

しかし、同じ黒色といっても差が出て来ます。

 

一番気を付けたいのが

喪服感

ではないでしょうか?

 

個人的に、喪服感丸出しにならないために、ちょっとした気配りが大事だと思います。

 

やはり、卒業式って入学式とは少し違って厳粛な雰囲気がありますよね。

そこら辺もおさえるとなると、服装はずばりブラックフォーマルが一番無難となるのは仕方がないこと。

 

かといって、喪服感丸だしでは、せっかくの晴れがましい気分を台無しにしてしまいますよね。

 

だって、

卒業おめでとう!

なわけですから、お葬式などとは区別したいところです。

だから、この喪服感を感じさせない!ってところが要注意だと感じます。

 

例えばワンピースならば、高い位置に明るめのコサージュを付け華やかさを演出したり、スーツならばブラウスにフリルのあるものをチョイスし、可愛らしさをちらっと出す。

それだけも、「喪服です」感がなくなりますよね。

 

その場合は、華やかさがもうすでに取り入れてありますから、あくまでも他はシックにいきましょう。

例えば…

ネックレスはパールで、バッグも喪服と一緒に買うような艶消しの黒のバッグがよいと思います。

 

ただ、ストッキングは薄い黒などではなく、肌の色に近いものを選ぶと程良い明るさがでると思いますよ。

 

これが正解というのはありませんが、

子供の大切な式典ですからきちんとした装いで出席したい

ものですよね。

 

Sponsored Links




40代に人気の喪服ブランドはどこ?

では具体的に、40代ぐらいの方が着やすいブラックフォーマルの喪服ブランドを見てみましょうか。

 

まずよくみかけるのが、通販サイトの

「TISSE(フォーマル専門店)」

です。

 

TISSEというブランドの服は着やせ効果脚長効果など、女性の体型をよく考えて作られているものもありますし、3着まで無料試着というサービス(手数料は若干掛かる)もあって一番お勧めです。

ちなみに、試着チケットの価格は500円です。

 

例えば、

良さそうなものを3着選んで自宅に取り寄せた後、実際に試着してみて一番良いものだけを買う

といったことができます。

そして不要な2着は送料掛からずに返品

 

このTISSEの最大の特徴が、この通販なのに試着できるという便利なサービスなんです。

 

通販って実際に届かないと素材や色目までわからない部分があるという問題がどうしても付き物。

このサービスはそんなデメリット面を完全に排除した画期的なサービスと言えるでしょう。

通販とは言えど、色々手にとって選びたい!という場合は積極的に利用すべきですね。

 

また、バッグまで付いて9,990円という超お得なセットを見つけました!

 

1万円以内で、卒業式に必要なものを全部揃えることができるなんて家計的にも大助かりですね。

 

一緒に楽天カードも申しこめば、今なら実質5000円引きで購入でき更にお得感が割増されますよ♪

>>卒業式に着ていく服を実質5000円引きでゲット!

 

他にも、うちの嫁いわく、意外と種類が豊富なのがベルメゾンだそうです。

 

ベルメゾンネット

卒業式が終わった後も着まわしができそうな数点セット型が多いのが特徴で、便利かもしれせん。

 

やはり卒業式だけってなっちゃうとMAXでも3〜6回くらいしか着れませんからね。

お子さんがたくさんいらっしゃれば別ですが…

 

お子さんが1人、2人というご家庭は、汎用性も考えて購入した方が良いと思います。

 

また、ブラックフォーマルというと大手デパートの婦人服売り場の隅っこあたりにあるのが定番ですが、やはりそちらをのぞけば、

  • ユキトリイ
  • ミッシェルクラン
  • ウンガロ

など高級感のあるものが取り揃えられています。

 

確かに40代でしたら、そろそろ上品で質の良いものをさらりと着て行きたいものですね。

 

我が家は、とりあえず今回はTISSEでお安く済ませて、次のタイミングまでに頑張って買いたい!という目標を掲げました。

ということで、普段の仕事でのプレッシャーがほんの少し上がってしまいました(^^;

 

Sponsored Links




親の服の色も段々変わってきている?

それにしても、今回調べてみてわかったことは、どうやらこの頃は

卒業式=ブラックフォーマルとは完全になっていない

のが現状ですね。

 

わりと多いのが、濃紺やグレー、ベージュのスーツの方や、派手目なワンピースにジャケットなどでいらっしゃる方も多いようです。

ベルメゾンネット

 

そうかと思えば、1クラスに必ず着物で来るご家庭も!

時代と共に卒業式の服装に対する考え方は確かに多様になってきているようです。

 

また、これは知り合いの子の学校限定の話なのかもしれませんが、先生方はなぜか袴を着ていらっしゃる方が多いらしく、かなり驚いたと言っていました。

教え子を送り出すのも本当に大変ですよね。

 

生徒にとっては卒業式って一生モノのイベントですから、その写真が後世残っていきます。

 

いろいろ気を使う先生方の気持ち…

お察しします。

 

あっそういえば、肝心な父親の服装について、忘れていました。

 

父親の場合は面白みがないですが、

ブラック系のスーツに華やかなネクタイ

で良いのではないでしょうか。

 

胸元にチーフがみえていると素敵感倍増ですが、そこまでは流石に抵抗を感じます。

 

有名幼稚園、有名小学校ならいざ知らず、普通の学校であればやり過ぎになってしまうことでしょう。

 

一番大事なのは、きっと例外なくビデオ係でしょうから、動きやすい感じが良いと思います!(^^)

 

ということでお父さん方は、

自分の服装より、わが子の晴れ舞台をしっかり撮る!

その一点に集中しましょう!

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。