高校野球

鈴木萌斗・作新学院の読み方は?ドラフト候補の甲子園成績に注目!

 

昨夏の甲子園覇者である作新学院

 

西武にドラフト1位で単独指名された

今井達也投手の活躍もあって

2度目の全国制覇を達成しました。

 

個人的なイメージでは

ひと昔前まで低迷期が続き、

「作新学院=怪物・江川投手」

だけ先行していた感じでしたが、

近年はまた昔の強い作新学院が

戻ってきていて、

甲子園への連続出場、

また出れば上位まで喰い込むという

強豪校としての地位をシッカリと

固めている印象を受けます。

 

そして、どの年代も

圧倒的な破壊力を持った打線

が特に目立ちますよね。

 

[ad#ad-ue]

 

これから始まる

2017年夏の甲子園にも

2連覇を目指して登場しますが、

今年の作新学院にも

ドラフト候補たちがいます。

 

その筆頭格が

鈴木萌斗選手です。

 

そこでこの記事では、

走攻守揃ったドラフト候補

という目線で、鈴木選手の

プロフィールや甲子園成績を

チェックしてみたいと思います。

 

鈴木萌斗の名前の読み方とプロフィール

 

 

鈴木萌斗選手について、

まずまっ先に突っ込みたくなるのは

その名前の読み方ではないでしょうか?

 

最近特に難しい名前の子が

ますます増えてきて学校の先生たちも

大変でしょうが、われわれ野球ファン

にとってもそれは同じ。

 

選手のことをあれこれネットで

検索したいなぁ~ってときに

名前が読めなかったりすると

まぁ~困ります。

 

ということで、まっ先に名前の

読み方をご紹介します。

 

鈴木選手の名前は

萌斗・・・「もえと」

と読みます。

 

いざわかってしまえば、

そんなに難しくなかったですかね。

 

私は馴染みのない名前なので

「萌」はきっと特別な読み方を

するんでは?と勘ぐってしまいましたが

ひねくれ過ぎてました。

 

素直に読めば読めないこともない…

という結果でした。

 

それにしても

「もえと」という名前は、

慣れれば案外しっくりくる響きなので、

もしかしたら、鈴木選手がこれから

プロ野球などで活躍すれば

もっと拡がるかもしれません。

 

 

さて、それでは次に

鈴木萌斗選手のプロフィールに

迫ってみましょう。

 

鈴木萌斗選手のプロフィール

身長/体重:182cm/75kg

投打:右投げ左打ち

50メートル走:5秒9

遠投:100m

ポジション:外野手(中堅)

出身:栃木県宇都宮市

球歴:宇都宮市立中央小学校

(1年で野球を始める)

→宇都宮市立旭中学校

(宇都宮シニア)

→作新学院

 

 

鈴木選手の経歴の中で珍しいのは

中学時代に陸上部にも所属していて

走り幅跳びでも活躍していた

というところです。

 

宇都宮市内の大会では

優勝も飾っています。

 

そういえば、昨年大黒柱だった

今井投手も中学時代は陸上部でした。

 

シニア所属の選手の中には

学校の部活動と両立する選手が

結構いますが、鈴木選手もその1人で

それだけ運動能力が小さい頃から

ズバ抜けて高かったという

何よりの証拠ですね。

 

野球と違って、走り幅跳びは

違う筋肉も鍛えられるでしょうし

そういう経験の積み重ねが

現在の彼の走・攻・守の

パフォーマンスの高さに繋がっている

のかもしれません。

 

中でも特筆すべきは「足」です。

 

何と公式戦での盗塁失敗数は「0」。

 

足のスペシャリスト…

という言葉が彼にはピッタリです。

 

今回の甲子園でも

彼の盗塁には注目すべきでしょう!

 

作新学院では1年秋からベンチ入りを

果たしていますが、監督にとっても

鈴木選手の足の速さと

その足を生かした広い守備範囲と

強肩ぶりは戦力として重宝した

ことでしょう。

 

やはり一芸に秀でた選手は

プロでも貴重になります。

 

広島とか西武が好みそうな

選手ではないでしょうか。

 

彼はそれに加えて、左のスラッガー

としても順調に成長してきていて、

2年生の頃は打てるコースが

やや狭かったものの、3年になって

バットコントロールが更に向上した

印象です。

 

そんな彼はいつの日からか

とちぎのイチロー

と呼ばれています。

 

高校通算3本なので

アベレージヒッターと考えて良いかと

思いますが、この先鍛えて行けば

パワー面でも伸びそうな気がします。

 

タイプ的には日ハムの

西川遥輝選手が一番しっくりくると

個人的には思うんですが…

あなたはどう思いますか?

 

その西川選手も近年はパワー付いて

きましたもんねぇ。

 

もし鈴木選手がプロ入りすれば、

そんな西川選手と同じような

成長を遂げるのではないかと

つい想像してしまいます。

 

 

今回の甲子園はもちろん

トップバッターを担うと思うので

鈴木選手の脚力を使ったプレーと

バットコントロールに注目して

行きましょう!

 

[ad#ad-naka]

 

Sponsored Links




鈴木萌斗の甲子園成績をチェック!

 

それでは三拍子揃った鈴木選手の

これまでの甲子園通算成績を

改めて振り返ってみたいと思います。

 

鈴木萌斗選手の甲子園成績

■16年夏

試合   5

打数   3

安打数  2

打率  .667

二塁打  1

三塁打  0

本塁打  0

打点   0

三振   0

四死球  1

盗塁   1

出塁率 .750

長打率 1.000


■17年春

試合   2

打数   7

安打数  3

打率  .429

二塁打  1

三塁打  0

本塁打  0

打点   0

三振   2

四死球  4

盗塁   3

出塁率 .636

長打率 .429


■甲子園通算

試合   7

打数   10

安打数  5

打率  .500

二塁打  1

三塁打  0

本塁打  0

打点   0

三振   2

四死球  5

盗塁   4

出塁率 .667

長打率 .600

 

 

鈴木選手が甲子園出場したのは

16年夏と17年選抜の2回。

 

16年夏の時点では主に

代走および守備固めでしたが

決勝の北海高校戦で

6番レフトでスタメン出場。

見事3回の出塁とファインプレーで

監督の期待に応えました。

 

 

やはり甲子園通算成績を

見ても圧倒的な出塁率を誇り、

打率も5割。

 

リードオフマンとして

作新学院打線を引っ張る役割を

十二分に果たしています。

 

そして守備面での貢献も見逃せません。

 

 

そんな鈴木選手に対して

プロのスカウト陣の評価は

潜在能力とセンスの高さ、

盗塁のスタートに関して◎の評価です。

 

体がもっと強くなれば

計り知れない可能性があると

その伸び代にも注目されている

ようです。

 

この夏の甲子園の活躍次第では

高卒即プロ入りも確実に見えてくる

のではないでしょうか。

 

Sponsored Links




「鈴木萌斗・作新学院」のまとめ

 

この記事では、7年連続で夏の甲子園を決めた

作新学院から鈴木萌斗(もえと)選手

フォーカスしました。

 

走り幅跳びでの才能も持つ

鈴木選手の最大の武器はやはり「足」。

 

個人的には

公式戦での盗塁成功率100%を

甲子園でも継続できるか?

に注目して行きたいと思います。

 

併せて選抜からの成長っぷりも

楽しみな選手です。

 

連覇の掛かる作新学院の命運は

鈴木選手の足に掛かっていると

言っても決して大袈裟じゃありません。

 

連覇の道は険しいものと

予想されますが、

その中で彼がどう輝きを放つか

じっくりと見守りたいと思います。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

関連記事
[blogcard url=”https://xn--u8jp7nka.com/nishikawa-manaya-ikemen-5884.html”]

[ad#ad-shi]