高校野球

高田萌生(創志学園)の経歴や出身は?実は足も速い松坂2世が凄い!

baseball-672076_640
毎年甲子園ではたくさんのスター選手が誕生します。

その歴代の中で、メジャーでも活躍した松坂大輔投手は別格でした。

決勝の舞台でのノーヒット・ノーランは今や伝説となっています。

 

力のある速球を武器とし無尽蔵のスタミナは怪物と呼ばれるまでに!

そんな松坂投手を彷彿させると言われるのが、今回センバツに出場する創志学園の高田萌生投手です。

 

秋の大会から全国区になり

「松坂2世」

と呼ばれ今大会期待の投手です。

この記事では、そんな高田萌生投手の経歴(出身)や足の速さを含めた身体能力を中心にその投手像に迫っていきたいと思います。

 

高田萌生投手の経歴(出身)は?

高田投手は、身長178cm/体重75kgと投手としてずば抜けて体格が良いとかではありません。

しかし、それでも150kmを越す直球を放るわけですから、体のバネなどを徹底的に鍛えたのでしょう。

 

そんな彼の球歴を調べてみました。

 

高田投手は岡山県新見市で生まれ、小学校3年でまずソフトボールを始めます。

個人的なイメージだと、ソフトボールって女子のスポーツというイメージがあるので、随分変わった球歴になりますね。

私の小学校では男子は野球部、女子はソフトボールっていう風に別れていましたが、

ひょっとするとこれは地域によって違うのかもしれません。

と思っていたら、最近仕事で知り合った方も男性でソフトボールをされていて、全国大会が開かれるなどそれなりに普及していることがわかりました。

 

そんな彼は、当時甲子園で活躍していた松坂投手に強い衝撃を受け、野球への転向を考えます。

その少年が今や「松坂2世」と呼ばれるまでになるのですから、小学生と言えども、目標を持つことは大切なことですね。

何でも、松坂選手の投球フォームを徹底的に研究したそうですよ。

そして彼が選んだ野球道は、高知・明徳義塾中学への進学でした。

ソフトボールとは感覚が違うので、恐らくほぼゼロからの野球スタートだったことでしょう。

明徳義塾中学は硬式ではなく軟式野球なんだそうで、高校野球界での明徳の強さから考えると実に意外です。

ただ、軟式野球部としては全国制覇4度を誇る名門とのことで最強の環境下だったと言えます。

その明徳義塾中学で高田投手は、3年夏に四国ベスト4入りを経験しました。

そして高校進学時にまたも大きな決断!

 

普通だったら、そのまま明徳義塾高校に進むのでしょうが、彼が選んだのは2010年創部という地元・創志学園

その理由について

自分の力で、地元の高校を

甲子園に導きたいから

と語っています。

 

彼の評判を聞きつけて声を掛けられたというのもあるのでしょうが、創志学園と言えば、2011年に創部2年目という史上最速でセンバツ出場して大いに話題になりましたね。

甲子園への近道より、歴史を創る方を選んだ…といったところでしょうか。

そこに、彼の秘めたる想いというかメンタル的な強さを感じます。

 

さて、その創志学園では1年時より控えの投手としてベンチ入りし、1年秋には主にリリーフ登板が多かったようです。

岡山県大会の決勝の岡山理大付との1戦で146kmを叩き出すなど、中国地方では速球派投手として早くから有名でした。

1年冬(1月)の練習中にプロのスピードガンで150kmを出したそうですが、1年で既に150kmってモノが違いすぎます。

 

野球経験が中学からということを考えれば、まだ持って生まれた才能だけで野球をしていた感じでしょうが、末恐ろしいですね。

そして、2年になるとエースとして活躍。

 

2年夏の甲子園予選決勝では岡山学芸館高校に5対6の逆転負けで甲子園にあと1歩届かず。。。

悔しい思いを秋の大会にぶつけることになります。

中国大会も含め全9試合で完投。

県大会は3位で終わりますが、その後の中国大会を勝ち抜き優勝。

続く明治神宮大会の初戦で敦賀気比・山崎颯一郎投手と投げ合い8回を投げて被安打8、自責点4で負け投手に。

あわせて読みたい
山崎楓一郎投手の経歴(出身)は?球速より素材としての評価は◎ 福井県の強豪・敦賀気比高校は 昨年のセンバツで北信越勢として 初の甲子園優勝を果たしました。 全員一丸とな...

しかし、待望の全国デビューとなりました。

 

そして、今回のセンバツでいよいよ夢の甲子園のマウンドに立ちます。

甲子園のファンもきっと

松坂投手が甲子園に帰ってきた

と勘違いするに違いありません。

 

Sponsored Links




高田萌生投手、実は身体能力も半端なかった!

高田投手の特徴は何と言っても松坂投手にそっくりな投球フォームです。

松坂投手のように早い球を投げるには?

を追求するうちに、自然とそうなったとのこと。

 

ただフォームを真似ただけでなく、球威のある最速150kmを超えるストレートを投げるわけですから元々の才能も凄かったということですね。

センバツの試合直前の投球練習の動画をご紹介します。

 

(もし動画が削除されていたらスミマセン)

 

帽子が跳ぶとこなんて松坂投手そっくりではないですか?

 

あるスカウトは

スピードが出るということが何よりの魅力

と表現していましたが、まさにその通りだと思います。

 

彼は高校生の段階で既に完成されたフォームをしてるので、これから体幹が太くなりもっと体重が増えてくれば更に凄いことになりそうです。

そういう将来的なポテンシャルも秘めた投手と言えるのではないでしょうか。

 

その昔、高校生では球速140kmで騒がれてたこともありましたが、今やそれは当たり前で、ここ数年でその基準が150kmまでに上がってきました。

体格が良くなったのもありますが、プロ・アマの垣根を超えた交流も影響しているのでしょう。

この流れからすると、そのうち150kmは当たり前という時代がやってくるのでしょうか…

 

既に記載した通り高田投手は1年次の1月には150kmを記録していたそうなので、これからもドンドン怪物たちが生まれてきそうな感じがします。

ただしかし、打者の方も同じように進化してきていて、いくら豪速球を投げ込もうが甲子園では勝てません。

そこで、制球力や変化球も重要になってくるのですが、高田投手の場合はどうでしょうか?

 

球種としては大小2種類のスライダー、100km前後のカーブ、チェンジアップ(フォーク?)があります。

現状は、速球もそうですがそれを活かすためのスライダーとカーブとのコンビネーションと落ち着いたマウンド捌きを含めた投球術最大の武器だと言えます。

 

また、50mを5秒9で走る足の速さも彼の身体能力を語る上で外せません。

何でも例年、12月はノースロー指令が出ているようで、その間にショートダッシュや坂道ダッシュをひたすら繰り返しているそうです。

それの繰り返しで脚力も上がったと本人が話していました。

社会人との合同練習の際も400メートルのインターバル走で大人に1度も負けなかったのだとか。

 

走るのは”嫌い”らしいのですが、

一流投手が走ってよくなった

というのを聞いてプロを目指す上で通らなければならない試練だとストイックに練習する姿勢が投球への影響だけでなく、身体能力そのものの向上に繋がっているのでしょう。

プロ向きの性格と言えるのではないでしょうか。

 

また秋の段階では、体重が70kgほどだったのが、この冬で75kgになり、球に体重が乗るようになってきたとのこと。

スピードだけでなく球威も着実に向上しているようです。

投手としての完成度は、間違いなくセンバツ出場校で1、2位を争う存在であるのは明白です。

 

あわせて読みたい
藤嶋健人の身長や経歴(出身)は?投手と打者の評価ではどっちが上? 中部地方と言えばイチロー選手を初めこれまで名選手がたくさん出てきました。 昔から高校野球が盛んな地域で優勝旗を数多く持ち帰...

 

Sponsored Links




高田萌生投手の気になる評価は?

baseball-680079_640

スカウト陣の評価も上々で、1年次からを投げるなどその潜在能力に対しては最高級の評価を得ています。

 

力で押す場面と緩急を使う場面のバランスをとる投球術にも一定の評価はあるものの、まだ安定感という意味ではもう一歩という部分も確かにあります

 

今後は、その課題の克服を時間をかけてじっくりして行けば、ヤクルトの佐藤由規投手のようになれると言われています。

さらに、フォームの素晴らしさも松坂2世と言われるだけあって高い評価を受けてますが、投球そのものは

むしろ元巨人の桑田投手のようだ

と評価するスカウトもいるほど。

ただ、投球術に関しては現段階では賛否両論ですね。

c505248448443d37cbc62bf400ff2bc6_s (1)

一部では、ソフトバンク入団後に松坂投手に育てて貰えればという声も挙がっていますが、松坂投手は天才肌のところがあるので指導者にはあまり向いてない気が個人的にはします…^^;

制球の乱れはありますが、伸びのある速球と落着きのあるマウンドさばきは抜群です。

ある程度、球がチラついていたほうが的が絞りにくいので、「投手力の春」と言われるように、打線次第では創志学園の上位進出は十分可能ではないでしょうか。

ひと冬超えて、高田投手がどのように進化したのか?

非常に楽しみです。

 

Sponsored Links




「高田萌生の経歴(出身)」まとめ

近年調子を落としている松坂投手。

ここで終わる投手ではないと思いますし、今年のオープン戦でも久々に登板し、復活が待たれるところです。

この高田投手のように、目標とされる投手として今年は堂々と君臨して欲しいですね。

 

松坂投手のフォームに似ていると言われる高田投手の活躍で、逆に昔の良い時を思い出したりするキッカケになるかもしれません。

そういう意味でも高田投手には是非頑張って頂きたい!(^o^)

 

高校生のピッチャーは、まだ身体が出来上がっていないということもあり、制球力に難があるケースが多く見られます。

冬場の下半身トレーニングなどでそこをどこまで改善できるか?

制球力の安定は、今後も高校生投手にとって永遠の課題でしょう。

そして、野球の技術も年々上がってきていますから豪速球と制球力の両方を兼ね備えた投手はこれからどんどん出てくることが予想できます。

しかし例え制球力が荒削りであっても、速い球を投げる投手はそれだけで魅力です。

もしかして高田投手も、メジャー選手と対戦という事が今後あるかもしれませんが、変に小ぢんまりとせず、その時は思いっきり速球で勝負して欲しいです。

個人的に、彼にはそんな投手に育って欲しいと思います。