高校野球

花咲徳栄・高橋昴也投手の経歴(出身)は?先発よりも抑え向き?

futta1294m

現代野球において投手分業制はプロでは一般化されておりますが、それでもまだ先発完投の評価が高いような気がします。

メジャーでは昔から分業に対して正当な評価が得られストッパーやセットアッパーへの評価も高かったのですが、日本ではクローザーに関しては昔からでしたが、その前に投げるセットアッパーに対してはここ数年ようやく評価されてきている感じではないでしょうか。

 

どのプロ野球球団も必ずセットアッパーやクローザーには現状助っ人外国人に頼らざるを得ない状況です。

つまり、それは人材不足であるということが言えないでしょうか?

 

そんな中、個人的にはストッパーやセットアッパーの卵のような投手に注目しています。

それが、花咲徳栄高校のエース高橋昂也(こうや)投手です。

この記事では、そんな高橋投手の経歴や特徴などをまとめてみました。

 

高橋昂也投手の経歴は?

高橋昂也投手は身長181cm/体重83kgで非常に馬力のある期待の左腕です。

埼玉県久喜出身の彼の球歴は小学校3年の軟式野球からスタートしました。

「栗橋ジャイアンツ」というチームに所属していたようです。

そこから久喜市立栗橋東中学校に進学後久喜リトルシニアで硬式球に触れることに。

そして中学3年時には関東大会まで勝ち進みます。

高橋選手は中学から投手として活躍し、最速137kmを誇っていたそうです。

ただ、中学の時は少し小太り体型で高校入学時の体重は何と85kgもあったとか。

現在の体型をみると、そこから随分と絞った印象ですね。

 

その高校では名門となりつつある花咲徳栄高校に入学。

一年よりベンチ入りメンバーとなります。

しかし、1年秋の時点で球速の最速は138kmとあまり伸びませんでした。

これには体重をいったん10kgほど絞ったことが影響していたようです。

 

そこから、上半身で投げていたフォームの矯正に着手し、下半身にタメを作ったり、トレーニングで徐々に体重も増えたことが影響して2年春には最速が143kmと上がりました。

 

そして迎えた昨夏の甲子園。

彼は主に抑え登板でしたが、3試合全てに登板し、8イニングで被安打6、自責点1という好成績を残します。

しかし、本人は準々決勝の東海大相模戦のサヨナラ負けが相当悔しかったようです。

とは言え、王者をあと1歩のところまで追い詰めたのは自信になったようで、その試合でスライダーの感覚を掴んだらしくキレが増したとのこと。

 

新チーム発足後はエースナンバーを付け奪三振の数が一気に増えた印象です。

「埼玉のドクターK」と言われ始めています。

中でも、埼玉県大会3回戦の早大本庄戦での19Kを記録したニュースは話題になっていましたね。

 

ただ、高橋投手自身は新チーム当初は実は不調に陥っていたんです。

抑え→先発完投への転向に戸惑ったり、捕手との呼吸が合わなかったり…腰も少し痛めていたそうです。

結局、優勝候補だった関東大会では変化球に頼りすぎて敗退。

変化球にせよ直球にせよ、それだけだと、今の高校生は簡単に攻略しますからね~

変化球を活かすためにも真っ直ぐをより磨かなければなりません。

 

それ以来、

「打たれない真っ直ぐ」

をテーマにひと冬越して満を持してセンバツのマウンドに立ちます。

 

Sponsored Links




高橋昂也投手の球種や球速をチェック!

baseball-731103_640

高橋投手の特徴はMAX145kmの速球を軸にスライダー、フォーク、カーブを織り交ぜたパワー型の投球スタイル。

特にフォークは2種類あると言われていて大きな武器になっています。

 

ストレートはただ早いだけではなく重さもずっしりあるのが伝わってきますね。

右打者のインコースのクロスファイヤーの威力は凄いものがあります。

先発、抑えどちらでも使えそうでプロとしてもぜひ欲しい人材でしょう。

 

また、彼のもう1つの特徴は

フォームの綺麗さ

です。

 

高校入学当初は、2足分くらいインステップしていたそうですが、それを矯正する練習を続けるうちに、体に負担を掛けない今の綺麗なフォームになりました。

コントロールや球の回転も向上し、スライダーやフォークのキレも上がったそうです。

 

フォームが安定してきたお陰でしょうか、昨夏までは基本的にセットポジションで投げていたのが、秋にはワインドアップに変更しています。

 

当然その分、球の球威も格段と上がった印象で、スケールアップは着実に進行中といった感じですね。

 

高橋昂也投手は現時点ではやはり抑えタイプ?

腕の振りがシャープで変化球のキレが持ち味ですが、制球力にはやや難がありそうです。

案外荒れ球の方が打ちづらい時もありますが、夏の時点では体が使い切れていないこともあって、改善の余地があります。

冬の走り込みで課題であった制球力も徐々に改善しつつあるようです。

その辺も含めて、現楽天の松井投手と重なる部分を感じます。

 

杉内タイプと評する意見もあるのですが、2種類のフォークとスライダーという三振を獲れる絶対的な武器があるので先発して長いイニング…というよりはここぞの場面での抑えに向いている投手ではないかと個人的には思います。

 

現時点でも、ストレートは手元で伸びるという評価を受けていますが、ここが、本人が話す通り

わかってても打たれない真っ直ぐ

を手に入れれば、ドラフト上位候補という主役に一気に躍り出る可能性大です。

そんな彼の真っ直ぐの進化をこのセンバツで楽しみにしたいと思います。

 

Sponsored Links




「高橋昴也投手の経歴」まとめ

baseball-192400_640

今回のセンバツ大会、速球派の左腕としては大阪桐蔭の高山投手が1番だと思います。

あわせて読みたい
大阪桐蔭・高山優希の経歴(出身)は?実は技巧派左腕だった? 甲子園は高校球児にとって憧れであり目標とする場所です。 その時々で強いチームの波というものがあります。 そういう意味では...

 

しかし、フォームのバランスや三振を獲れる武器を2個以上保有する投手としての総合力で言ったらこの高橋投手の方が上かもしれません。

 

個人的には、先発としてというよりも抑えの方が合うと思っていますが、ひと冬越して先発完投型の見事な変貌を遂げているどうか?

非常に楽しみな投手です。

良い抑えは次に引きずらない性格がいいと言われます。

昨夏の東海大相模との1戦や秋の木更津総合との敗戦をポジティブに捉えている高橋投手は性格的にも抑えが合っていると思うんですよね~

日本人抑えというと古くは広島の津田投手やメジャーでも活躍した佐々木投手、ヤクルトの高津投手、現役メジャーの上原投手など層々たる面々がいますが、上原投手のように先発から抑えに移り結果を出す投手もいます。

 

今後の高橋投手の方向性を占う意味でも今回は重要な大会になりそうです。

絶対見逃せませんね!

 

【9/4追記】ストレートが更に進化!

夏の甲子園が終わり、現在U18日本代表がアジアで躍動しています。

その中に、高校BIG3として大きく成長した高橋昂也投手の活躍があります。

宿敵韓国戦では先発し7回2/3を被安打3の1失点に抑えました。

 

春先のセンバツ前には打たれない真っ直ぐに拘っていましたが、それが現在ではMAX152kmまでに急成長。

そのストレートは真ん中付近でも空振りが獲れるようになり、球威もさらに重くなって進化しています。

これは夏の甲子園前の練習風景です。

(もし動画が削除されていたらスミマセン)

 

甲子園ではややフォームのバランスを崩していたようですが、その前の激戦区埼玉大会では37回無失点という離れ業。

高橋昴也投手の甲子園成績

試合数通算7試合
投球回数
37回
被安打数
40
奪三振数
34
四死球
11
自責点
11
防御率2.68

*甲子園での最速は146km

甲子園成績だけ見ればそこまでではありませんが、春先から夏にかけての成長は目を見張るものがあり、各球団も今は1位候補として彼を評価しているようです。

制球難を克服し、ボールの重さ、球質、ボールの角度全てで成長の跡が見て取れます。

 

まだ、高不調の波がありますが、それは躍動感が出てきたことの裏返しでもあるのではないでしょうか。

地元の西武がずーっと追いかけてきた逸材は、そのまま西武に入るのか?

あるいは何球団かの競合になるのか?

大学生を含めて今年は豊作と言われているので、ドラフトの動向が今から楽しみです。

 

大きく成長した高橋投手ですが、今でもやはり私は、抑え向きだと思っています。

あなたは彼の適性はどこだと考えますか?

 

Sponsored Links




高橋昴也投手は未来のカープのエース?(2018年4月追記)

2016年(2位)でカープに入団した高橋昴也投手。

入団1年目の昨年は1軍デビューこそおあずけでしたが、二軍戦で

登板:7試合

勝敗:2勝0敗

防御率:1.29

という一定の成績を収めました。

しかも、ファーム日本選手権では6回を2失点に抑えて優秀選手賞に!

意外なことにカープの2軍は初の日本一でした。

 

そして、迎えた2018年シーズン。

念願の1軍デビュー!!

結果は4回投げて5失点という残念なものでしたが、カープの方針は高橋投手を先発として育てて行くようです。

将来のカープのエース左腕候補ということですね。

個人的には抑えもできるタイプだと思いますので、大野豊さんを超えるような活躍を期待しています!

いやぁ〜また楽しみなピッチャーが出てきました!