baseball-957834_640
甲子園は高校球児にとって憧れであり

目標とする場所です。

 

その時々で強いチームの波

というものがあります。

 

そういう意味では今、

1番大きな波を持っていると言えるのが

大阪桐蔭でしょう。

 

大阪桐蔭はここ数年、激戦区大阪を制し

甲子園に出場しては常に好成績を

残してきました。

 

その勝率と行ったら

36勝7敗の脅威の.837

 

優勝旗を持ち帰ったのも

春夏通算で4度。

 

2012年には春夏連覇も達成しています。

 

Sponsored Links

 

例え、甲子園に出れない年においても

毎年数多くのプロ野球選手を輩出している

同校ですが、そんな名門校の歴史に

新たなスターが誕生しそうです。

 

それが、プロも注目しているという

高山優希投手です。

 

今回はそんなドラフト上位候補である

高山投手についての情報をまとめました。

 

高山優希投手の経歴(出身)は?

 

高山投手は見た感じ細身の体型で

スラッとしていますが、

身長は180cmとのこと。

 

マウンドに立っているところを見ると

上背はもう少しあるように感じますが、

体重70kgと今の高校球児としては

細いため余計に高身長に見えます。

 

 

藤浪投手もそうでしたが、

大阪桐蔭高校のエースって

細身なタイプが多い気がしますね。

 

いつも、

パワー型のピッチャーというより

いかにもバネがありそうな体型を

みんなしています。

 

きっとトレーニングで

無駄な肉を削ぎ落としたような

細マッチョを目指しているのしょう。

 

更に

高山投手に至っては手足も長く見えますね。

 

何でも、

彼は父が日本人母がフィリピン人の

ハーフらしく、手足の長さは

血筋から来ているのかもしれません。

 

 

そんな彼の出身ですが、大阪になります。

 

1998年5月17日に大阪市で

生まれました。

 

そして、小学生1年の頃に

森之宮キャッスルという軟式野球チームで

野球を始めたとのこと。

 

その後大阪市立城陽中学校に進学。

 

中学では野球部ではなく

大阪東ボーイズに所属し、

投手、一塁手、外野手として

プレーしました。

 

中学3年の時には

メジャーパイオニアである野茂さんの

NOMO BASEBALL CLUBの主催で

アメリカ遠征に参加するという

貴重な体験をします。

 

単純に試合だけでなく、

メジャーの環境を肌で感じる事が

出来たようです。

 

この野茂ジャパンの存在で

今後メジャーを夢見る子供たちが

大勢でてくるでしょうね。

 

2刀流・大谷選手のように

日本のプロ野球は単なる通過点だ

という頼もしい選手が

今後もドンドン出てくると

予想されます。

 

ちなみに、この時の同じ

ジュニアオールジャパン2013

で共に闘ったメンバーが数人

今回のセンバツに出場してますよ。

 

 

そして高校は、西谷監督直々に

口説かれ名門大阪桐蔭に入学

 

1年秋からベンチ入りを果たし、

翌年のセンバツの準決勝で

待望の甲子園デビュー。

 

チームは優勝した敦賀気比に

0-11で乾杯しますが

彼はそんな中、4回1/3を投げ

4安打は打たれますが、最速140kmを出し

強打の敦賀気比打線から3つの三振を奪い

上々の全国デビューを果たします。

 

 

その夏の甲子園は予選敗退し

春夏連続出場を逃したのですが、

秋の新チームからは登板機会も増え

一気にエースに成長。

 

2015年秋季近畿大会で優勝し、

その後の明治神宮大会で4強入り。

 

決勝進出を掛けた準決勝では

高松商業相手に1点ビハインドの

状況で登板。

 

それまでにない、ニュー高山

周囲に見せつけ一躍全国的に

主役級の注目をされるように

なりました。

 

春のセンバツは昨年も経験していますが、

今年のセンバツではNo.1左腕として

満を持しての登場と言えるでしょう。

 

球種や球速をチェック!

baseball-1499783_640

高山投手の特徴は

何と言っても長身から繰り出す速球です。

 

さきほども書きましたが

秋の明治神宮大会準決勝で

自己最速を5kmも更新する

150kmを記録しスカウトたちの目を

釘付けにしました。

 

 

今年のセンバツでは自己最速を

どこまで更新できるかどうか?

に自然と>興味が惹かれますが…

実は彼はそもそも速球派の投手では

ありません。

 

神宮大会でのあの1球で

注目が集まってしまいましたが、

もともとはストレートの球速幅が

結構ある投手で、試合の終盤の方で

ようやくエンジンが掛かるタイプ。

 

確かに、投げるたびに

帽子が飛んでしまうところを見ると

力投派に見えるのですが、

まだ上手く体が使えてない証拠で

単に投げ終わったあとのバランスが

悪いだけなのかな?

と個人的には思っています。

 

性格面でも常に、

「上手くまとめる」

ことを念頭に置く慎重派。

 

初回から思い切り投げたくても

投げられないタイプ

と本人が話していました。

 

だから、試合終盤では

今更まとめようと思っても仕方ない

ということで思いっきり投げれるため

試合終盤にその日の最速が出ることが

非常に多いんだとか。

 

それを最初から出せるスタミナを

付けて自信を持つことが

彼の課題と言えるでしょう。

 

ということで、

  • 常時130km前半から後半のストレート
  • 時に100kmを切るとような緩いカーブ
  • 横すべりするスライダー
  • 120km台のスプリット

これらの変化球と直球の

コンビネーションが

彼本来のピッチングの持ち味なのです。

 

同校の先輩・藤浪投手が記録した152km

を超す事も可能ではあると思いますが、

その本来のコンビネーションが

高い次元でどう進化したのか?

 

センバツではそこに注目したいと思います。

 

 

そのセンバツでの試合前の投球がコレです。

(もし動画が削除されていたらスミマセン)

 

そうそう、

大阪桐蔭の左腕で豪速球と言えば、

巨人に入った辻内投手が思い浮かびますが、

結局最後まで怪我などに悩まされて

才能が開花されず引退しています。

 

高山投手には、

くれぐれも怪我に気を付けて

息の長い投手に育って欲しいですね。

 

彼自身の理想は

速球か変化球どちらかではなく

その両方を使って抑える

前田健太投手のようなピッチングです。

 

完全に先発完投型で試合を作れる

テクニック重視タイプの投手

 

この辺はライバルになるだろう

花咲徳栄高校・高橋昂也投手と

正反対に感じます。

 

 

 

明治神宮大会での初戦の投球を

みた限りでは、キャッチャーミットを

構えた位置と大分バラつきがあるので

コントロールがやや不安かな?

と感じました。

 

コンビネーションで抑えることを

高次元で進化させるためには

もっと細かい制球の精度を高めていく

必要があるでしょう。

 

手元で伸びるストレートに加え、

制球力が付けば、

藤浪投手の3年夏のように

もはや手が付けられない投手となるのは

明らかです。

 

高山投手の制球力が

この冬でどの程度進歩したのか?

 

我々にどんな進化を見せてくれるのか?

 

非常に楽しみです。

 

Sponsored Links

 

スカウトの評価は?

baseball-1121353_640

当然この高山投手の評価は

うなぎ登りで、中日のスカウトからは

同じ左腕の速球派で先輩の今中投手越え

もあるという高評価を得ています。

 

ここ数年、

毎年のように本格的な速球派の左投手は

出てきていますが、その貴重さが故に、

どの球団も欲しがるタイプの投手

と言えます。

 

しかも、昨年の東海大相模・小笠原投手

のように150kmオーバーの左腕は

ドラフト1位指名されることが

非常に多いです。

 

このセンバツで一気にドラフト1位候補まで

登りつめるかどうかが目玉です。

 

そのためにも、

1試合でも多く勝ち上がって

優勝にからむ活躍を見せて欲しいですね。

 

 

まだまだコントロールなどに

荒削りな面もありますが、

その分伸び代も多く感じている

スカウトたちが非常に多いです。

 

ポテンシャルも高く将来性もあって

各球団のスカウト達の密着マーク

となりそうです。

 

「高山優希の経歴」まとめ

大阪から甲子園に出るのは

かなり難しく激戦区と呼ばれています。

 

その中でも大阪桐蔭高校は

着実に出場回数を増やしてますよね。

 

それが名門と呼ばれる所以なのでしょうが、

同じ大阪出身の先輩には

元中日の球界を代表した左腕の

今中投手や現阪神の藤浪投手など

層々たる名投手がいます。

 

高山投手もそんな昔からの歴史に

名を刻むことになるのは

まず間違いないことでしょう。

 

今回のセンバツはその輝かしい歴史を

加速させる大会となるのでしょうか。

 

ネットの評価でも期待が高く、

今年の高校野球を語る上で

欠かせない好投手の一人です。

 

高山投手は、もしかしたら

中学時代に刺激を受けたメジャーも

視野に入れているかもしれません。

 

甲子園という最高の舞台で

どこまで大きく育つか・・・

 

もはや不安よりも楽しみしかありません。

 

以上、最後までお読み頂き

ありがとうございました。

 

Sponsored Links