話題になりそうな人

宇野昌磨の身長が低いのは不利?コーチは替えない方が良い?

ice_skate_man

男子フィギュアスケート界の期待の若手である宇野昌磨選手

絶対王者・羽生選手に続く世代の筆頭株として注目度が増してきています。

 

この記事では、そんな彼の経歴と、平昌オリンピックを目指す上で身長の低さやコーチを変えないことがどう影響するのか?を考えてみました。

 

宇野昌磨選手の経歴は?実家はお金持ち!

宇野選手は1997年12月17日生まれの現在18歳

中京大学1年に在学中で愛知県名古屋市の出身血液型はB型です。

こちらの記事にも書きましたが、B型のスポーツ選手最強説があります。

あわせて読みたい
バレーボール
古賀紗理那の血液型は?木村沙織2世の性格から占う全日本の進路 昨年、リオ五輪の出場権が掛かった「FIVBワールドカップバレー2015」で躍動した古賀紗理那選手。 私はその時、初めて彼女のプ...

 

もちろん、血液型が全てではありませんが、羽生選手もB型ですし、浅田真央選手も同じ。

B型の特徴として

  • 自信家、目だちたがり屋が多く本番に強い
  • 自分が大好き→自分に厳しい
  • 失敗に対しても前向き

などがありますが、この辺を念頭に入れて羽生選手との対決を見ていくのも、また違った楽しみ方になると思います。

 

さて、話を彼の経歴に戻しましょう。

高校は浅田選手など多くの有名なフィギュア選手を輩出している中京大学中京高等学校

そこからこの春、中京大学に進学しています。

フィギュアで有名な選手の学校といったら2人に1人はここなんじゃないか?と思えるほどの王道の学校ですよね。

 

フィギュアをやるには練習場を借りたり、コーチを雇ったり金銭的に負担が大きいのですが、彼の家族構成を見ると凄い裕福な家庭というのがわかります。

okanemochi

なんといってもすごいのが、お祖父様が日本画家として活躍されていること。

画家として、自分の腕1本で稼げるようになる人ってこの日本にどれくらい居るでしょうか。

 

それだけではなく、お父さんもIT会社を経営されている社長さんであるという凄い環境で育ちました。

必然的に宇野選手は練習環境も含め、さぞ恵まれて育ったことが想像できます。

 

何でも、彼がフィギュアを始めたキッカケもまた凄くいんです。

小さい時にスケートをしていた時に何と浅田真央選手に

「かわいい!スケートやりなよ!」

と声をかけられたのがきっかけで、本格的に始めたんだとか。

まさに名古屋出身ならではのエピソードですよね。

考えてみたら、近所のスケートリンクに浅田真央選手が普通に居るワケですから…凄いことです。

 

ただそんな影響の中、弟さんはアイスホッケーの道を選んだらしいです。

いずれにしても、スポーツに、芸術に、経営と、本当に素晴らしいご家族ですね。

 

名古屋って堅実なお金持ちが多いイメージがありますが、フィギュアスケート選手や、最近ではお金持ちタレントなど名古屋から続々とタレントが生まれていますよね。

さすが、金のしゃちほこがある土地柄です(^O^)

 

身長はあまり変わらないが表現力は伸びた!

seichouki

宇野選手の話に戻しますと、2015-2016年のシニアグランプリファイナルではフリーで自身初の190点台を記録し、銅メダルを獲得しました。

 

順調に成長してきていて選手としてもノリに載っている感じですが、少し前まではかわいらしい!という雰囲気でした。

 

私の嫁のお母さんなんか、まるで子役時代からずっと応援してきた役者さんのように、キャ~キャ~凄いんです。

 

彼の名前はノービス時代から知れてましたから、そんな小さい頃から知っている人にとっては今の活躍は格別でしょう!

その活躍に比例するかのように18歳となった現在では少し素敵な感じに変化してきていて何か自信というか充実感のようなものが表情から見て取れるようになってきました。

しかし!

そこで気になるのが身長なんです。

 

宇野選手の身長は2015―16シーズン時での情報で、159cmとなっていました。

今年もどうやらほぼ変わりないようです。

2014年1月時点では155cmとのことでしたから、2015年の1年間で+4cm

身長面では、ゆっくりと伸びてきているものの、今年の情報を見るとほぼ身長はこのままかもしれません。

 

実は宇野選手に関しては元々身長が低いことが話題になっており、一部報道で病気なんではないか?なんて、ふとどきなことを言う人がいました。

そんな不届き者に対してここで言いたいのは

しっかり身長はまだ伸びているんですから 温かく身守りましょうよ!

ってことです。

 

というか、そもそもフィギュアスケートの選手は、羽生選手でも170cmぐらいですし、宇野選手が憧れているという高橋大輔選手は165cmなんです。

もともとから、身長が高いと有利!という競技ではありません。

多少、体が大きい方が演技の表現力という意味で有利かもしれませんが、そんなこと言ったら、体の小さい日本人が表彰台に登ることはないでしょう。

しかし、実際はどうか…

羽生選手のほぼ独走が続いています。

男子も女子も全体的に小柄な選手が多いのは事実です。

これは体操なんかでも同じで身長が高すぎると回転やジャンプの感覚も変わってきてしまうからなのではないでしょうか。

 

そりゃぁ~足が長く、背も高い外国の選手と比べると、スタイルや迫力で見劣りしてしまうかもしれませんが、スピン回転のするどさやスピード感ではむしろ負けませんからね。

 

宇野選手はまだ18歳ですし、同年代の平均身長より低いとしてもキレのあるスケートに身長はなんら影響はありません!

キレキレの演技でスケート界の岡村隆史さんを目指して欲しいですね♪

 

Sponsored Links




宇野昌磨選手のコーチは山田満知子さん!

宇野選手を陰で支えるコーチがこれまたすごいです!

何と!あの山田満知子さんです。

 

山田コーチと言えば伊藤みどりさんをはじめ浅田真央さん、現在では村上佳菜子さんなどのコーチもされています。

スケート技術はもちろん、それ以上に人間性やしつけをきちんと教え込むことに、力をいれている素敵なコーチです。

 

一部のファンの間では、海外遠征に帯同しないとか、宇野選手にベタベタくっつき過ぎなどのアンチな意見も多いのですが、なんせ彼が小学生の頃から指導してますからねぇ〜

さぞ我が子のように可愛いでしょう。

 

さらに、その山田コーチに加えて振付師として今は樋口美穂子コーチもいます。

ここ2〜3年は、振付はほぼ樋口コーチが単独で指導しているようです。

樋口コーチは浅田真央選手にも指導してきてますから、指導力は確かなもので、演技力の向上という課題面に関して彼がどれだけ伸びてきているかは今の堂々としたスケーティングを見れば明らかですね。

 

そんな中で成長している宇野選手に、みなさんの期待がかからないはずがありません。

ただ、その成長過程にあっても、やはり羽生選手の牙城は堅固たるものがあります。

平昌オリンピックまであと2年。

 

これまで、羽生選手はずーっと山田コーチ&樋口コーチに指導されてきました。

ここらでもう一皮剥けてあわよくば一気にオリンピックで頂点を目指すという今の状況において、

宇野選手が外国人コーチの指導を受ければどんだけ伸びるんだろう?

という想いのファンもきっと多いハズ…

これは、確かに一理あります。

 

ただ、個人的には今の段階でコーチを変えると色んな面でのバランスを崩してしまうリスクの方が大きいと感じます。

ここ数年の宇野選手の滑りをみて、あまり成長が感じられないのであれば何か劇的に変えなければならないと思うのですが、昨シーズンからブレイクしつつあり順調にきているように見受けられます。

sochi-2014-262145_640

彼自信もきっと手応えを感じているので、少なくとも平昌オリンピックまではリスクを背負わずに、今のままで成長していく道を選ぶのではないでしょうか。

このように、宇野選手は残りの十代としての演技はもちろんですが、二十代を迎えての演技の変化もずっと見守っていきたい!そう思わせてくれる選手です。

 

今シーズン彼がどこまで成長するか?

今から楽しみです。

もっともっと世界に羽ばたいて頑張れ宇野選手!

 

あわせて読みたい
樋口新葉(わかば)の性格や身長は?4回転で浅田やキムヨナ越えろ! 全日本ジュニア選手権で2連覇を飾り、もはやジュニア世代には敵なしといった感じの樋口新葉(わかば)選手。 2014−15シーズン...