高校野球

山下輝(木更津総合)のプロフィール!プロのドラフト評価は?

ドラフト

2年連続6回目の甲子園出場を決めた木更津総合高校

 

その大黒柱であり、今回の甲子園出場する投手の中で…というか高校左腕の中でNo.1サウスポーと言われているのが山下輝投手です。

 

 

木更津総合と言えば、昨年はMAX144km左腕と注目された早川隆久投手がまだ記憶に新しいところですが、その早川投手を体格も球速もひと回り大きくした感じの山下投手。

 

この記事ではそんな期待の山下投手のプロフィールやドラフト候補として現時点でのプロのスカウト陣の評価に迫ってみたいと思います。

 

山下輝投手のプロフィールは?

さっそくですが、山下投手のプロフィールや経歴を見て行きましょう!

 

山下輝投手のプロフィール

名前:山下輝(やました ひかる)

学年:3年

身長/体重:187cm/82kg

投打:左投げ左打ち

ポジション:投手、一塁手

出身:千葉県木更津市

学歴:木更津市立岩根小→木更津市立岩根西中→木更津総合高校

 

ひと言で言うと大型サウスポーなわけですが、左腕で190cm近い投手はそうそう言ません。

甲子園で活躍する高校生左腕って170cm~175cmくらいが多いイメージがありませんか?

 

体格面だけとって見ても、山下投手のポテンシャルの高さに期待せざるを得ませんね。

 

楽天ファンの私としては長身左腕と言えば、191cmの報徳学園卒・片山博視投手が思い浮かびます。

 

残念ながら投手⇔野手転向を繰り返し、現在は怪我でリハビリ中ですが、マウンドに立っている姿を見て何だか頼もしかった記憶しかありません。

 

その片山投手を球速など投手としての総合力で既に大きく上回っていそうな山下投手に今夏の甲子園での活躍を期待しています。

 

そんな彼の球歴を調べると、岩根小3年生ではじめた軟式野球がスタート。

 

中学でも軟式野球部に入っていましたが、中3の時に軟式と硬式をつなぐKボールの千葉県選抜に選ばれ、参加した全国大会で優勝を飾っています。

 

そんな抜群の実績を引っ提げて地元の木更津総合高校へ進学。

 

そして1年夏の甲子園予選からファーストのレギュラーに抜擢。

 

恐らく早川投手という絶対的なエースが居ましたので、多くのことを学んだことでしょう。

 

控え投手でじっくり育てても良いと思いますが、層の厚い木更津総合で1年から試合に出れる(しかも5番打者として)ということはバッティングのセンスも抜群だったということですね。

 

その後、山下投手がエースの座を掴んだのは早川先輩が引退した2年秋から。

 

そこから経験を積んで直球のMAXは149kmまで成長しました。

 

しかし、木更津総合高校は甲子園に出場するたびに毎回左右関係なく良いピッチャーが居ますよね。

初出場の時(2003年)から、当時はまだ貴重だった140kmオーバーの小泉投手を擁していました。

 

千葉県と言えば野球よりむしろサッカー王国だと思うんですが、Kボールなども盛んで人材も豊富な上、五島卓道監督の投手育成の手腕が凄いんでしょうね。

 

何でも五島監督のモットーは

「選手主導の考える野球」

なんだとか。

 

木更津総合というチームは圧倒的な打撃があるわけでもないのに、スルスルっと勝ち上がる印象がありますが、そんな木更津総合のチームカラーは

「無色の野球」

と言われています。

ただそんな木更津総合も昨年からの早川投手→山下投手と投手力を前面に出したチームに変わりつつあるのかな?と個人的には感じますね。

 

ちなみに、五島監督は木更津総合の前に同じ木更津市の焼星国際高校の監督だったのですが、その時の教え子には現中日2軍監督の小笠原道大選手が居ました。

 

そんな監督を慕って、山下投手始め関東周辺のシニアやボーイズリーグから人材が集まるのでしょう。

 

と話題が大分脱線してしまいましたが、期待大の山下投手を甲子園で1試合でも多く観るためにも今夏の甲子園でも無色の総合力で勝ち進んで欲しいです。

 

Sponsored Links




山下輝投手のスカウト陣の評価は?

プロ注目のドラフト候補である山下輝投手ですが、現時点でのプロのスカウト陣からの評価はどんなものなのでしょうか?

 

意外なことに、あまり数多くはなかったのですが以下にまとめてみます。

(著作権等の関係で意味はそのままに内容は少し変えてます。)

  • 小さく落ちる130km台のツーシームが効果的。
  • ストレートと変化球が同じ腕の振りでお手本のよう。
  • 直球、変化球どちらもレベルが高い。
  • 大崩れしないところが良い。
  • 高校生左腕では群を抜いている。
  • 体に力があって球が重い。
  • 右打者へのクロスファイアーが良い。
  • スライダーは左打者には打ちにくいだろう。

 

スカウト陣の評価するコメントを見ても、すでに投手としてはある程度完成された投手として位置付けられていると捉えて良いのではないでしょうか。

 

最近は、高卒ルーキーでも楽天の藤平投手のように、1年目から活躍する投手が多いですが、山下投手にもそんな匂いを感じます。

 

そのプロで活躍するためにもストレートの他に最低でも1つ武器となる変化球が欲しいところ。

 

現在の山下投手の変化球の持ち球は

  • スライダー
  • カーブ
  • カットボール
  • ツーシーム

の4種類。

 

五島監督からは2年秋の時点で、

  • ストレートを140kmまで上げる
  • 球種をもう2種類増やす

という課題を与えられ、当時まだ在学中だった早川投手からもアドバイスをもらい、ひと冬で急成長しました。

 

スカウトの評価にあったツーシームで三振取れるようになったことが非常に大きいと思います。

 

そしてプロのスカウト陣も絶賛の球種が増えたことで、それまで四球などで崩れていたのが安定するようになったとのこと。

 

今夏の千葉県予選の準決勝では同じプロ注目の東海大望洋高校・金久保優斗投手に投げ勝ったことも山下投手の大きな自信になっているのではないでしょうか。

 

甲子園では更なる成長が期待でき、150km台も夢ではないと思われます。

 

夏は打撃力とは言われますが、その他校の打撃を力でねじ伏せる山下投手の自慢のストレートを早く観たいです!

 

Sponsored Links




「山下輝のプロフィール」まとめ

この記事では、高校生No.1左腕と呼び声が高い木更津総合・山下輝選手にフォーカスしました。

 

数字だけ見ると、150km近い速球にばかり目が行ってしまいますが、もちろん今夏の甲子園でそのMAX更新も期待しちゃうんですけど、それ以上に、プロのスカウト陣からも評価されているツーシームに着目しながら彼の甲子園での活躍を追い掛けて行きたいと思います。

 

ひとつ気掛かりなのは、彼の尊敬する昨年のエース・早川投手が早大進学という選択肢をしたこと。

 

純粋な野球ファンとすれば、高卒でプロ野球に入って欲しいですが…早川選手の背中を追い掛ける可能性はありますね。

 

まあこればっかりは本人が決める道なんでしょうけど、マー君とハンカチ王子の野球選手としてのその後を目の当たりにしてしまうと、野球選手としてのポテンシャルがもったいなくて仕方ありません。

 

もちろん大卒からプロに入って活躍する選手も大勢いますが、山下投手ほどの高い能力を最大限に生かす選択肢を選んで欲しい。

 

いち野球ファンとして切にそう願います。

 

関連記事:山下輝投手のライバル達もチェック!