高校野球

山崎楓一郎投手の経歴(出身)は?球速より素材としての評価は◎

0i9a0569_1-thumb-autox1600-24968
福井県の強豪・敦賀気比高校は昨年のセンバツで北信越勢として初の甲子園優勝を果たしました。

全員一丸となる全員野球が持ち味で近年甲子園でも好成績を残し続けています。

秋の新チームでもその力は衰えず、神宮大会でも準優勝して今回のセンバツ出場を決め、春の連覇を目指します。

 

そんな敦賀気比の新チームで、投打に活躍した平沼投手からエースナンバーを引き継ぐのが今大会注目の投手・山崎楓一郎投手です。

この記事では、そんなスカウトも注目する山崎投手の経歴と、球速/球種や、その将来性を評価する声などの情報をまとめてみました。

 

山崎楓一郎投手の身長や経歴は?

山崎投手は身長188cm/体重84kgで数字だけ見るとガッチリ体型を想像しますが、実際には若干線が細い感じがします。

スラッとした体型なので手足がやたら長く見えますね。

そしてかなりのイケメン!

当然ながら「北陸のダルビッシュ」と呼ばれる理由が分かります。

190cm超えてるんじゃないか?という噂もあるのですが、確証に至る情報はありませんでした。

何れにしても、この恵まれた体型が彼の評価を押し上げていることは確かです。

 

山崎投手は1998年6月15日に石川県で生まれ、本当はサッカーをやりたかったらしいのですが、小学3年の時に野球好きの祖父とのキャッチボールがキッカケで野球を始めたようです。

お祖父ちゃんの策略に誘導されてしまったわけですねwww

 

中学校は山代中学に進み加賀ボーイズでプレーしました。

本格的にピッチャーを始めたのはこの中学から。

中学3年になるとそれまで125km程度だった球速が急激に上がり夏頃には何と!140kmに達していたと言います。

 

そして2013年の世界少年野球大会のボーイズリーグ日本代表にも選出され、この世界大会で見事優勝!

当然彼はチームの中心として活躍しました。

 

山崎投手とは違うNOMOジャパンの日本代表だったこの2人にも注目!

あわせて読みたい
大阪桐蔭・高山優希の経歴(出身)は?実は技巧派左腕だった? 甲子園は高校球児にとって憧れであり目標とする場所です。 その時々で強いチームの波というものがあります。 そういう意味では...
あわせて読みたい
藤嶋健人の身長や経歴(出身)は?投手と打者の評価ではどっちが上? 中部地方と言えばイチロー選手を初めこれまで名選手がたくさん出てきました。 昔から高校野球が盛んな地域で優勝旗を数多く持ち帰...

 

その後、お隣の福井県の名門・敦賀気比高校に入学し1年秋の大会から2番手投手として活躍。

神宮大会8強入りにも貢献します

 

ただ、翌2年春のセンバツで敦賀気比高校は全国制覇しますが、山崎投手の登板はありませんでした。

この時は、絶対的なエースである平沼投手が居たので致し方なしといったところでしょうか。

しかし立場的には、その平沼投手に継ぐ2番手ということですから、立派だと思います。

 

そして、春夏連覇を掛けた2015年夏の甲子園ではその平沼投手が崩れたところで満を持して登場。

念願の甲子園マウンドを経験します。

チームは敗戦(対花巻東)しましたが、最速144kmを叩き出し2回をパーフェクトに抑えました。

 

ポテンシャルの高さを示した彼は、その強烈な印象で一躍スカウトたちの目に止まるようになります。

そのスケール感の大きさは誰の目にも明らかで

3年生になったらどんな球放るようになるんだろう?

と思ったのは、私だけでは無いはず。

 

そして、新チームではもちろんエースとしてチームを引っ張り、県大会・北信越大会を制して神宮大会へ。

初戦で、創志学園の高田萌生投手と投げ合い見事完投勝ち。

しかし、勝ち進んだ決勝で突如崩れて準優勝に終わり、打球処理など細かいところに課題を残しました。

体が大きいための弱点であるフィールディングを突かれた形です。

それと、結構試合終盤で崩れることも多かった印象がありますね。

 

それに関しては敦賀気比・東監督曰く

「スイッチがどこにあるかわからない」

とのこと。

本人も、どこでピッチングのスイッチが入るかは手探りと言っています。

格下だと締まらないし、終盤で「勝った」と思うとスイッチを切ってしまう。。。

そうなると、もともと開きグセがある投球フォームも崩れることに。

 

恐らくこの冬のトレーニングでそこはキッチリと修正してくることでしょう。

敦賀気比は今大会、連覇がかかっていますが、その偉業を達成するためには山崎投手の活躍が必須です。

そのプレッシャーを跳ね除けて、逆に力にすることができるのか?

要注目です!

 

Sponsored Links




山崎楓一郎投手の球種や球速をチェック!

山崎投手はその長身からMAX144kmを超す速球を投げ下ろしますが、その球筋は相手チームにとって攻略しづらいことでしょう。

彼の投球動画を見つけたのでご紹介します。

 

(もし動画が削除されていたらスミマセン)

 

高低差がかなりあるだろうことは素人目にもわかります。

バッティングセンターに行っても低めに来る球って、途端にバットに当てる難易度が跳ね上がりますよね。

初見では絶対に打てなさそうです…

 

そんな直球ばかりに気を取られているとキレのあるスライダーと角度のあるカーブにやられてしまうことでしょう。

プロを意識したときに、もう1種類落ちる系の変化球が欲しいところでしょうか。

アウトコース中心の攻めになりますが、速球を見せ球にした角度のあるカーブも強力です。

 

また、

大リーガー並の本物のスライダーだ

とあるスカウトの方は評価していました。

futta1284m

しかし何と言っても

山崎投手の魅力は投げ下ろすストレート

でしょう。

 

もし下半身の強化が上手くいっていれば、ポテンシャル的に150km越えも夢では無さそうです。

秋の神宮大会を見るとコントロールに難はありますが、それを補って余りある速球は魅力的です。

 

多くのプロのスカウト達もストレートの角度とキレを絶賛していますね。

指に掛かったときは

高校生では打てない

と…

あとはこの指に掛かる確立を如何に上げるか?ですね。

 

ただ神宮大会全体を通して投手としての完成度も高く、なかなか攻略しづらい投手という印象を受けました。

ただし、現状で三振を獲れるのはカーブなどの変化球がほとんど。

 

神宮大会で彼は創志学園・高田投手の投げ合いに勝ったものの、球速などで負けたことは結構気にしているようです。

体格では勝っているのだから、脱技巧派を目指すと力強く宣言していました。

ひと冬超えて更に進化した姿を早く見てみたいです。

 

Sponsored Links




山崎楓一郎投手の評価は?

当然彼は今年のドラフトの目玉の一人です。

更に今回のセンバツでの連覇も山崎投手の頑張り次第で行けるのでは?と言われています。

 

長身という強みに投手としてのバランス…

軒並み高評価が並んでいて、中でも将来性や潜在能力の高さが魅力的との評価です

このまま怪我なく順調に成長すれば、間違いなくプロ入りするタレントでしょう。

 

昨年夏の甲子園時に、既にスカウト陣から高い評価を得られていましたが、今回のセンバツで更にドラフト上位候補としての地位を固めそうな予感がします。

投手としての素材の良さがあって、いつかは化けるだろっ!って雰囲気持ってますもんね。

直近の練習試合の結果はあまり芳しくありませんが、甲子園は4季連続となり経験は十分。

敦賀気比は調整の上手いイメージの強豪校なのであまり心配いらないでしょう。

 

山崎投手…きっとやってくれると思います。

 

Sponsored Links




「山崎楓一郎投手の経歴」まとめ

現在巨人にいる内海投手を初め、たくさんのプロ野球選手を輩出している敦賀気比高校は今回のセンバツも優勝候補として挙げられています。

やはりそれもこれも山崎投手のポテンシャルの高さを誰もが認めているからでしょう。

 

特に春の甲子園は投手力と守備力が高い高校が勝ち上がると言われます。

打線は水物で計算しづらい所はありますし…

そんな各校の投手力に自然と目が行く中、山崎投手は

決して速球派ではないのですが、技巧派として打たせてとるピッチングがはまるかどうか?

が注目されます。

 

力でねじ伏せるのではなく、変化球主体で組み立てるからこそ長身から投げ下ろす140km台のストレートが十分効果的となりそうです。

もしかしたら本人が言っているように脱技巧派の姿が見れるかもしれませんが…

 

彼には藤嶋投手や高田投手にはないものがある。

それを再認識する大会になる気がします。

また、もう1つ楽しみなのが彼のバッティングですかね。

 

昨秋は、公式戦なんと24打数0安打という不名誉な記録を出してしまいました。

あまりの打てなさすぎに

「野球センスがないのでは?」

と言うスカウトも居たほどです。

 

甲子園で1本打てるのか?

こちらも注目して見ていきたいですね。

敦賀気比は殿での登場となりますが、そんな彼の登場が待ち遠しいですね。